副作用による脱毛

副作用による脱毛

副作用による脱毛


抗がん剤によってガン治療を行う場合の副作用としてとにかく多くの人が持ち歩いている印象は、如何なる症状でしょう。
インパクトという意味では、最も脱毛が一番おっきいのではないでしょうか。
抗がん剤を使用した人の毛髪が追い越せるは、様々な創作ものけれども描かれているので、ガン治療を通している人と面識がない人も、この副作用は知っているについてが多いことでしょう。
実際、それまでガンである事を隠していても、脱毛によってそれが明るみにあるについてはよくあります。
この副作用は、抗がん剤が髪の毛の根本部分の毛母細胞にダメージを与える事で発生します。
毛髪だけではなく、眉毛やまつ毛が抜け落ちるケースもあります。
ガン患者の中には、体中のありとあらゆる毛が抜けてしまった人もいるでしょう。
抗がん剤による脱毛の副作用は、抗がん剤の投与開始から2~3週間で発生すると言われています。
ただ、悲観的に陥る事はありません。
この脱毛状態はあくまでも抗がん剤の投与中に発生する症状で、治療を終えれば2~3ヶ月で回復します。
とは言うものの、女性にとっては大きな問題となります。
その為、ガン患者用のウイッグを定める人もいるようです。
また、スカーフやバンダナによって頭部を覆うケースも手広く、治療中はそういったアイテムを使用して明かすのが一般的です。
治療を終えて毛髪が伸びると、その毛髪の性質が大きく変わっているという事があるそうです。
その場合、毛が柔らかく、細くなる事が多いようです。

副作用による貧血

抗がん剤治療中によく発生する副作用の一つに、貧血が挙げられます。
これは、抗がん剤が血液細胞を形成する骨髄にまで影響を与えるためです。
骨髄が変調を起こすと、その内部で作成されている赤血球、白血球、血小板といった血となる材料が減っていきます。
そうなればさすが、貧血になります。
血というものは、体内に酸素をはじめありとあらゆるエネルギーをおくるという非常に重要な役割を担っています。
従って、血液の量が減少すると、酸素や栄養が体内へ十分に行き渡らなくなります。
そうなると、めまいが起きたり、力が入らなくなったり、具合が悪くなったりします。
貧血というと、健常体の人も時折はじき出す誠に言う事も乏しい症状のように思えますが、ガン患者のように前もって体力がきつく低下した状態において発生すると、何とも厄介です。
抗がん剤を投与した直後には、貧血は起こりません。
複数の投与でじりじり骨髄が変調し、その積み重ねで発生する副作用となっています。
症状の重さには個人差があり、軽症ですむ場合は唇やまぶたの裏の血色が悪くなる程度で済みます。
また、症状自体が出ないケースも少なくありません。
ただ、つらい症状になると、めまいや疲弊のみならず、息切れ、動悸、耳鳴り、場合によっては心不全を起こす事もあります。
一層、何より症状が重くなると、昏睡状態になって仕舞う事があります。
そうなると、生命の危機です。
血液の量は、そんなに体内に大きな影響を与えるという事です。

副作用による倦怠感


副作用は、抗がん剤とは切っても切れない関係にあります。
そうして、あんな副作用の中それでも殊更数多く在るのが、疲労です。
身体的な問題、精神的な問題の両方によるこの疲労は、一見数ある副作用の中にあっては軽度なもののように思われますが、本当は非常に厄介な症状の一つです。
疲労は、抗がん剤の投与から数日の間に起こる症状です。
他の副作用と比べると、発症が手っ取り早い方と言えます。
主な症状としては、消耗、けだるさ、集中力の低下、めまい等といったものです。
酷くやる気が出ない状態で、何に対しても積極的になれない状況となるので、長引くようだと抑うつ状態となってしまいます。
抗がん剤による疲労は、抗がん剤の投与期間や回数が積み重なればかぶるほど症状も重くなります。
そうしてやはり厄介なのは、この症状が抗がん剤の副作用だと気付かない人が多いという点です。
副作用というと、吐き気や貧血、あるいは脱毛や口内炎などのわかりやすい症状というイメージがきつく、疲労という日常生活の中けれども頻繁に起こり得る症状の場合は軽視され、気付かれないケースが多いのです。
抗がん剤ではなく、自分の体調の問題だと自分でジャッジしてしまう。
ただ、単なる体調の問題ではなく、非常に長引く事が多い為、結果的には精神的に参って仕舞う事になり、深刻な状況を生んで仕舞う事もあるので、軽視するわけにはいきません。
疲労を覚えた場合、ケアとしては栄養価の激しく消化しやすい食事を摂る事が薦められています。
また、水分補給も必須です。
できれば温泉などで全身を温めたり、マッサージを受けたりして血液、リンパ液の循環をよくする事が望まれます。