極小量抗がん剤療法

極小量抗がん剤療法

極小量抗がん剤療法


近年試されている抗がん剤治療の方法の一環として「きわめて小量抗がん剤療法」という方法があります。
これは、抗がん剤の投与量をわずかにするという治療方法です。
未だに普及はしていない方法ですが、成功例もあり、これから大きな発展が期待される方法となっています。
極小量抗がん剤療法は、これまでの抗がん剤治療の常識を覆す手法です。
抗がん剤による治療は、副作用との戦いでもあり、その投与量には非常に気を使う必要があります。
ただ、ガン細胞を除去する事が叶わなければ投与する意味がない為、大前提としてガン細胞に届き、効果を及ぼす量を投与するというものがありました。
悪くとも、投与してひと月以内に腫瘍の縮小が期待出来る量の投与というわけです。
ただ、これには2つ問題があります。
グループは、前述の通り副作用との戦いです。
そうしてもう1つは、一時的な腫瘍の縮小は後にリバウンド現象を起こし、グングン腫瘍をものすごくする要因になる可能性を秘めているという点です。
従って、抗がん剤を投与して実に腫瘍が小さくなったからと言って、安心はできないというのがガン治療の難しいところなのです。
一方、大層小量抗がん剤療法は、見た目には効果が出ていないように見えますが、実際には腫瘍が縮小を見せ、リバウンド現象も起こらず、副作用も最小限に抑えられるという良い事尽くめの方法です。
但し、未だに成功例は手広くなく、研究の段階と言えます。
本当の意味で、適切な投与量はどれくらいなのかを示すという意味では、今後のガン治療の発展はこの方法の確立にかかっているかもしれません。

生化学的調節法

抗がん剤によるガン治療として、完全に普及した多剤併用療法は、その中それでもいくつかの種類に区切る事ができます。
その一つが「生化学的調節法」、通称「BCM」です。
BCMは、抗がん剤を投与するたまに、薬の効果を変化させる別の薬を重ねて投与するという方法です。
つまり、性質のことなる複数の薬を同時、もしくは前後に投与し、それによって体内による変化において治療効果を突き上げるという手法なのです。
たとえば、ある抗がん剤Aに関して、単体では抗腫瘍効果がないものとします。
ただ、抗がん剤Bがそこに加わると、抗腫瘍効果が現れる性質を所持しているとください。
この場合、通常だとあらかじめAとBを組み合わせてから投与するという方法を採ってもよさそうなものだが、そんなふうにすると投与した際に別の副作用が発生する可能性もあります。
仮に正にそういった状況が発生する危険がある場合は、予め前もってBを投与し、次にAを投与するなどの方法を用いる事になります。
こうすれば、抗腫瘍効果が体内で発揮されつつ、副作用も起こらないという安全な治療が行えます。
これが生化学的調節法のメリットです。
生化学的調節法は、人間の体内において抗がん剤の調整を行うという手法です。
その為、研究には前もって時間がかかると思われますが、現時点において大腸ガンに非常に効果がおっきい事がわかっています。
大腸ガンの治療においては、BCMは並み治療として重宝されているほどです。
今後は大腸ガンだけでなく、様々なガンに応用されて出向くかもしれません。