悪性リンパ腫の検査についてその1

悪性リンパ腫の検査についてその1

悪性リンパ腫の検査についてその1


悪性リンパ腫かもしれないと疑いがあった場合は、いかなる検査をするのでしょうか?
ひとたび、生検と呼ばれる、生体検査があります。
その中けれども、いくつかの生検がありますので、ここでご説明ください。
リンパ節生検は、リンパ節をほんのり切り取って、組織を考える検査です。
顕微鏡などで組織を見ます。
この検査の場合、どこのリンパ節を取るかと言うと、首周辺が多いです。
もちろん、症状によってどこの細胞を使うか、移り変わるでしょう。
切り取るなどと聞くと怖いと思う人も多いでしょうし、それに痛みも心配ですよね。
ですが、局部麻酔で細胞を摂取しますから、切り取りの際の痛みは軽減されるでしょう。
一般に知られている針生検などでは、悪性リンパ腫の場合、診断が難しいとされています。
次に、マルクと呼ばれている骨髄穿刺です。
ご存じ乏しい方も多いでしょうが、人間の骨の中には、スポンジ状のもの質があり、骨髄と呼ばれています。
ここで血液ができあがるのです。
骨髄に悪性リンパ腫が浸潤しているか、いないのかをチェックするための生検です。
骨に針を刺して、生体を抜き取ります。
そうして、その生体をチェックするという検査です。
さて、生体検査では、他にルンバールと呼ばれている、脊髄検査があります。
脳などの中枢系に悪性リンパ腫が浸潤していないかをチェックします。
これは、髄液を取るため、背骨から針を刺します。
局部麻酔で行われますから、その際の痛みは大丈夫でしょう。
ですが、終わった後に頭痛が出るケースもあるようです。

悪性リンパ腫の検査についてその2

ご存知方も少ないと思いますが、脳というものは、髄液の中に浮いているものです。
髄液は通常、はたらくことがありません。
それを無理に少量ですが抜いてしまう為、この検査後は安静にしている必要があります。
通常、髄液を抜いた後は、2時間程度はベッドで寝ていることになります。
悪性リンパ腫の診断は生検だけでなく、画像で診断するという方法もあります。
画像診断にもその方法が複数ありますのでご紹介ください。
みなさんも、ご存知のCTスキャンも画像診断ですよね。
これは、X線を通じて体を輪切りにしたように写真を撮ります。
これでリンパ節や、脾臓が腫れている箇所をチェックすることが出来ます。
ずっと、CTスキャンを有効にするために、造影剤を注射するケースもありますが、これですと放射線の影響が多いと言われています。
また、MRIも聞いたことがある検査でしょう。
凄い磁石と電波によって、体をスキな方向から検査出来ます。
これによって得たデータをコンピュータにいれ、解析したり画像化したりします。
CTとは変わり、放射線ではありません。
ですから、悪性リンパ腫の画像診断の中まずは、エコーと同様に、放射線の影響を受けずにすむ検査方法ですね。
被爆量を考えて、MRIにする場合もあるようです。
他にも、エコーと呼ばれている超音波検査があります。
発振器が超音波を体内に発射します。
そうして、その反射を機械で処理し、体の中の状態を画像で見分けることが出来ます。

悪性リンパ腫の検査についてその3


手順としては、チェックしたい部分にジェルを塗り、発信器を置きます。
これだけで、体の内部を見分ける事が出来ます。
だいぶ簡単な検査であり、整骨院で骨折の部分を見たり、産婦人科でおなかの赤ちゃんを見たりする場合もエコーを使います。
妊娠中にエコー検査を受けた人は多いでしょうね。
記念に写真をいただける病院もあり、おなかにいる胎児の様子を記念にとって置けますから嬉しいですよね。
産婦人科で使われていることそれでもわかると思いますが、かなり安全な検査方法です。
さて、良く知られているレントゲン検査も、悪性リンパ腫の検査方法として選べる場合があります。
病気や炎症があった場合、そこが白く写りますよね。
また、ガリウムシンチ検査と呼ばれている画像診断方法があります。
これは、腫瘍や炎症に集まる性質を有するガリウムと呼ばれる放射性もの質によるものです。
これによって進度をチェックできます。
CTなどでは、見極めることが出来ない部分もこれでチェック可能です。
検査方法としては、検査の2日前くらいにガリウムを注射します。
検査はガンマカメラというもので、半くらいかかって撮影をします。
放射線の影響が少ない検査と言われていますが、下痢を起こすケースもあるそうです。
そうして、通称、PETと呼ばれている、陽電子放射断層撮影という検査方法も、悪性リンパ腫の診断に使われます。
ガン細胞は健康な細胞と比べてみると、3倍から8倍ものブドウ糖を摂取していると言われています。
この特質による検査なのです。

悪性リンパ腫の検査についてその4

だから、ブドウ糖と、放射性同位元素を合成した薬剤、FDGを体内に注入して撮影します。
そうして、その集積度をチェックすれば、ガンが発見出来るというわけです。
この方法ですと、一度に体全部をチェックすることが出来ます。
そうして、ほんの少ないガン、ミリ単位のガンも発見可能です。
また、その集積度によって、その悪性風か酷いかということも同時に判断出来るのです。
ですが、脳や膀胱ですと、ブドウ糖が入り込み易いですから、判断が難しいといわれていて、同時にCT、MRI、また、エコーを組み合わせて検査することが多いです。
悪性リンパ腫の検査では、他の病気と同様に血液検査も行われます。
腫瘍マーカー値、炎症反応、そしたら、LDHの確認などがそうです。
腫瘍、炎症が体内にある場合に、これらの値が上がってしまう。
腫瘍マーカーとは、ガンの目印となるもの質のことです。
他にも血液や尿、また、便などで知る場合もあります。
ですが、ガンでなくても増加しているケースがあり、検査結果は確実ではないため、参考として扱われています。
そしたら、遺伝子検査も行われていて、これは染色体検査によるガンの診断です。
お話したように、悪性リンパ腫の検査としては、必ず様々な検査方法があります。
レントゲンやCTなど、聞いたことがある検査のほかにも、知らなかったものが沢山あったと思います。
確実ではない検査方法においては、参考程度にするか、また、他の検査と併用して行ない、精度を高めているのです。