病は必ず予防できる!心臓病と食生活の関係

病は必ず予防できる!心臓病と食生活の関係

病は必ず予防できる!心臓病と食生活の関係

心臓は全身に血液を送り出す非常にたいせつな臓器ですが、その働きを妨げる多彩な病気があります。

心臓そのものの異常によって起こる病気や、ほかの病気が原因となり二次的に起こる病気、また先天性のものから原因が分からないものもあります。

しかしながら、心臓病の多くは動脈硬化等の生活習慣病に起因しているといわれており、発症や悪化を防止する目的で日常生活では注意出来ることがいっぱいあります。

そういった心臓病を予防する目的ではどうすることによっていいのでしょうか。

4大リスク因子といわれる、高血圧、脂質異常症、喫煙、高血糖をなくすことです

それにはまず食習慣の改善です。

塩分・脂肪分・カロリーを抑制しましょう

塩分を排出させるカリウムや、コレステロールを下げる働きのある水溶性の食物繊維を積極的に摂取した場合いいでしょう。

魚の油は動脈硬化の予防に良いといわれているので、積極的に魚を食すのは如何でしょうか。

ウォーキングやジョギング等適度な運動競技を続けることもたいせつです、。

筋力UPで代謝がよくなり、有酸素運動競技で血管システムが向上します。

そして心理的負荷は大敵

ゆったりリラックスする時間を創りましょう。

高齢者のケースには発熱や脱水といったボディー的心理的負荷も「心筋梗塞」の原因となってきます。

入浴時等、急激な温度差は心臓に負担がかかるので、特に高齢の方は気を付けましょう、。

禁煙や飲酒を極力避けるのもたいせつですね。

絶対に食生活は変えられる!諦めない食事・心臓病対策

みなさんはニッポン人の死因で上の方に存在する疾患をしっていますか?がん、心臓病、脳血管疾患の3つがニッポン人で沢山死因です。

これらはある日突然なるものと比べると、日頃の食習慣等がたたってすこしずつ病気が進行していくことが沢山です。

予防と再発防止の為には、健康な食習慣を保つことがたいせつになります。

不健康な食習慣をしている人ほど難しいとか、変えられないだろうとおもうのですが、少しばかりずつ、毎日やっていけば変化させていけますよ。

これは、筆者の経験談になりますが、20代前半で手術の必要な病気で入院をし、飲み物の量を制限しなければならなくなったことがあります

内科系の疾患でなかったため病院食は薄味すぎないノーマルのごはんでしたが、飲み物だけ一日に飲んで良い量が決まっており、多く水分をとると心臓に負担がかかると言うことでした。

それだけだとしても制限されると言うのは苦しく、辛いおもいをしたので、食習慣を見直して大きな病気にかからないように意識しました。

たまたま当時付き合っていた彼が薄味お好きで、私のお食事は味が濃くて食べられないと味噌汁をお湯で割られたりしょっぱいと毎日言われつづけたため、おのずと彼の為に味を薄くしていくようになりました。

そしたら自分もその味付けに慣れ、結婚してちびっこを授かった時には産婦人科で、食習慣を褒められ、ウエイトも胎児と胎盤分しか増えず健康な子どもを出産できました

それから4年経ちますがいまだに薄味で、ちびっこも薄味のお食事をお好きます。

絶対に習慣は変えられるので、少しばかりずつ挑戦してほしいなとおもいます!。