心臓病のリスクを高める要注意な食生活!

心臓病のリスクを高める要注意な食生活!

心臓病のリスクを高める要注意な食生活!

あなたが子どものころ、「もうすぐごはんだからおやつは我慢しなさい」「テレビを見ながらごはんを食すな」と親から注意されませんでしたか?厳しく言われて身に対してきたこのお食事マナー、実は人体にも影響があることが分かってきました

こういったことが健康に過ごす為にも必要だったと言うのは、ちょっとビックリですね。

一体どんな影響があるのでしょう。

昔から、「ながら食い」や「間食」といった、食にかんする行動が、大人にとって心臓病のリスクを向上させる原因の一つであるといわれてきました。

しかしながら、大人だけでなく未就学のちびっこの健康にも影響を与えていることが分かってきたやうです。

「どんなふうにして食す」と言うこと言うのは「何を食す」と言うことと同じようにたいせつであると言われています。

では、「どんなふうにして食す」ことが、どうちびっこの健康に影響がでるのでしょうか。

まず、お食事中にテレビ等を見ながら食す、「ながら食い」。

テレビを見ながらお食事を食すと、テレビに集中してしまい、満腹と気付きがたくなります。

それによって、食べ通り越してしまう収穫に。

ちゃんとお食事に集中し、満腹感を脳に感じさせるのはたいせつなことです。

テレビは消すようにしましょう。

決められた時間でなく、空腹の時期でお食事をとると、食物の量や質が片寄ってしまいます、。

朝・昼・晩はなるべく決まった時間にお食事をして、適切な量と栄養バランスをコントロールしてあげることで、ボディーと心のバランスが取れ健康な生活が送れますよ。

がん・心臓病予防★おいしいレシピってあるの?

みなさんは、具合が悪いと感じた時におもい当たる原因に対して考えますか?心理的負荷、不眠、過労等どちらかと言うと、すぐそこのことや目に見えるものをおもい出してしまいがちですよね。

当然それらも重大な病気を誘発しかねない原因ではありますが、常々の日々の習慣に病気の原因が隠されていることを意識したこと言うのはあるでしょうか?心臓病やがん等、死に直結する病気の原因に食習慣があります。

食習慣は自分自身であたりまえになってしまっているもので、なかなか意識しずらいし直しずらいものであってます。

お食事を妻や母親等に一任して自分自身では全く手をかけない人も注意です。

自分自身で気をつけようと思っていても造る人が健康に留意したお食事をつくらなければ改善は難しいでしょう。

健康なお食事と言うと病院食のような薄味で質量のわずかモノや、マクロビやオーガニックな何処だわりすぎているもの等、どうしても美味しくなさそうな感想や感じ方や、調理が面倒な想像をもっていませんか?健康なお食事は実は美味しい料理法が沢山あります。

薄味になれていくと素材の味がきっちり味わえるようになり、かえって食に関心がわくグルメ通になるケースもあります!調理を身内にまかせっきりの中高年男性や、大学生等の若い方は、調理をしてくれる身内とお食事に対して話をおこなう機会をもうけ、日頃の調理をしてくれることへの感謝を表しながら身内みんなが健康に暮らせるような食習慣づくりをともに考えていっては如何でしょうか?そして自分もたまにはクッキングに携わるアレンジをしてみましょう