食生活を改善して心臓病のリスクを減らそう!

食生活を改善して心臓病のリスクを減らそう!

食生活を改善して心臓病のリスクを減らそう!

高齢者に非常に心臓病の予防や症状を少しばかりだとしても改善するには高血圧の予防と、動脈硬化予防が必要です。

それによってには食習慣を改善していく必要があるとおもいます。

食習慣の改善にはまず、質の高いたんぱく質と食物繊維を摂取出来るお食事にしていくことがたいせつです

たんぱく質はエネルギーの元である筋肉に影響がでるため、たんぱく質が足りないと筋力が落ちて老化を早めてしまうことになります。

又、食物繊維には余分な脂質、コレステロールを排出させる働きがあるので動脈硬化を予防したり、高齢者の問題の一つだとしてもある便秘の改善も期待出来るでしょう。

食材としては、脂身のわずか肉や鯖や鰯といった魚、牛乳、豆腐等の大豆生産品や、牛蒡や人参、蓮根といった根菜類、山芋やさつま芋等のイモ類、海藻類、きのこ類等、いっぱいの部類を少しばかりずつ食すことをおススメします。

らっきょうが狭心症に良いとも言われていますが、塩分や糖分のこともあるので1日5つ位が目安です。

高齢者の方には山芋やニンジンはすりおろしたり、煮物も小さめに除去したりして食べやすくするアレンジが必要です。

味付けは極力塩分は抑制し、ダシを多めにしたり、塩水をスプレーしたりする等してアレンジした場合少しばかりの塩で満足出来る味になるでしょう。

砂糖が多く含有されているジュースやスウィーツ、刺激物等は抑制し、お酒もビール1杯くらいを目安としてください。

肥満予防も心臓病にはたいせつなことですので食べすぎには注意が必要です。

今からでも間に合う!心臓病にならない食事をしよう

もし、心臓病で突然死したらと考えたことがあるでしょうか。

AEDが普及しているからなんとかなるでは済まされない問題があります

心臓病は、先天性や突発性のものありますが、多くは食習慣等生活習慣の問題が病を誘発しているのです。

自然みたいにお食事を摂っていてもそれがボディーに悪いこともあります。

今からだとしても始めることが出来る容易に栄養のバランスが取れるお食事を案内します。

それは常々のごはんを玄米に変更することによってす。

玄米はボディーに良いとされています。

その理由は潤沢な栄養素です。

γ-オリザノールは自律神経を調整する働きを持っていて、シミ・小じわの予防効き目があります。

食物繊維(不溶性)も含有されており、腸の働きをよくし、便の量を増やしてくれます。

より一層、アラビノキシランと言うNK(ナチュラルキラー)細胞を活発化させたり抗酸化作用するものや、。

肝システムの改善、動脈硬化の予防・コレステロール血症の改善をしてくれるイノシトール等も含有されています

より一層ビタミンも潤沢で特に ビタミンB1(糖質の代謝に必要で、脳や神経の活動を助ける)とビタミンB6(タンパク質の代謝に必要で、肌の代謝をよくする)が含有されているのは大きいのです。

今までごはんをあまり食していなかった人はまずパンや粉ものからごはんに変更するアレンジをし、慣れてきたら玄米を少しばかり混ぜたごはんを炊いて、だんだん玄米に慣れていきましょう。

オカズは今まで通り食すことが出来るので、病院食と比べると美味しく味わえ、容易ですよ。