人間も犬猫も同じ!心臓に負担をかけない食事が大事

人間も犬猫も同じ!心臓に負担をかけない食事が大事

人間も犬猫も同じ!心臓に負担をかけない食事が大事

近頃ペットである犬や猫の寿命も延びてきたたことによって、高齢になることでペットも心臓病と診断されることが多くなってきました。

そして高齢でなくても先天性の心疾患の犬や猫もいっぱいいます。

そういった心疾患を患ったペットの日々のお食事管理は特にたいせつです。

食餌の内容によっては心臓に負担をかけてしまうものもあるからです。

心臓病のお薬を服用させていても、日々のお食事の内容が心臓に負担のかかるものでは意義がありません。

日々の食餌を心臓病用の食餌に変化させてあげると症状が改善したと言う症例もあるようで、いかに日々の食餌管理がたいせつであると言うことが分かります。

心臓病用の食餌の特色としては、 ナトリウム(塩分)を制限するのが良いやうです。

塩分の沢山ものを食すと喉が渇き、水を飲む量が増加する。

そうした場合体内の水分量が増え心臓への負担が増加してしまう原因となってきます。

処方食に変化させてちゃんと食してくれるのかと疑問におもわれるとおもいますが、犬や猫の味覚は塩分より甘みをよく感じ取れると言われているので塩分を多かれ少なかれ調整しても食べつきにはほぼ影響がでないといわれています。

犬の心臓病にもイロイロな症状がありますが、どの症状にもビタミン類が効きお目当てだやうです、。

当然のことですが、「肥満」は弱っている心臓により一層負担をかけてしまいます、。

たいせつなペットの為にも適正なカロリー量の食餌に心がけるようにしましょう。

心臓病で死なないカラダを作る!誰でもできる簡単ポイント

あなたは心臓病に対して意識したことがあるでしょうか?心臓病は死に至るケースも多くたいへん侮れない疾患です。

かなり前のできごとになりますが、私がキリスト教の幼稚園で先生をしていたケースに、司祭さんが突然入院されたと言う知らせに驚きました。

なんと心筋梗塞だったとのことです。

だとしても、自分はずっと幼稚園のなかでお勤めをしていたけど、誰かが倒れたとか救急車で運ばれた様子もなく、いつの間に?とおもいました

なんとその方は、息苦しさにリスクを感じ、自分自身で運転して近所の大きな病院に向かっていたのです。

その場で直ぐにカテーテル検査、心筋梗塞との診断で即入院となったわけでした。

私たち教諭は子どもたちの保育が終了すると直ぐに病院へお見舞いに行きました。

ご本人の判断が急いで、病院を受診できたからこそ助かった奇跡のような出来事でした。

(元来ならリスクであるのならタクシーでの受診、緊急性があれば救急車が望ましいでしょう)お話しを伺うと、しばらくはお食事は病院食になりそうだと言っていました。

入院するなら当然のことですが、おそらく常々のお食事に病気を誘発するような悪習慣があったのかも知れません。

キリスト教の教会で働く司祭さんと言うことで質素な生活をしている想像があったのですが、もしかしながらてちゃんとお食事をとっていなかったとか?食べ過ぎは当然病気になりますが、きちんと栄養を摂れず偏った食習慣をおこなうのもリスクです。

飲酒の量も適正量にしなければリスクになる見込みが大きいです、。