不整脈や心臓病で急死した人の食事とは?

不整脈や心臓病で急死した人の食事とは?

不整脈や心臓病で急死した人の食事とは?

平成29年2月8日、大好評アイドル私立恵比寿中学のメンバーである、松野莉奈さん(享年18歳)が突然逝去されました。

松野莉奈さんは、致死性不整脈の疑いで急死に至ってしまったのですが、不整脈の影響で心臓の機動に異変をきたしたと言うことで報道を受け驚きを隠せなかった人も沢山かも知れません。

不整脈は厳密にいうと、心臓病ではなく、松野莉奈さんも心臓に病気があったわけではないやうです。

ただ、定期健康診断の度に不整脈の診断が出ていたことや生来病弱であったこと、常々はアイドル活動としてキツいダンスや歌、未成年であってながらギリギリのハードスケジュールをこなしていくと言うことが、もしかしながらたら何処かで突然死を防ぐポイントがあったかも知れず、たいへん悔やまれますね。

松野莉奈さんのご両親はクッキング人(シェフとパティシエ)なのだやうです。

どちらも食にかかわる職業と言うことで、松野莉奈さんのごご家族では、お食事に気を使用することができたのではないでしょうか。

もしかしながらたら健康に良いお食事をしていたかも知れませんね。

菓子職人の鎧塚俊彦さんも、スウィーツ創りを生業としながらも、糖分の摂り過ぎはよくないと言うことを公に発言しています。

ですので親御さんがパティシエであっても、スウィーツの食べ過ぎには注意していたかも知れません。

忙しくしていたり、お弁当でお食事を済ませるような時が多くても、ご家族で1食だとしても手創りで健康志向のお食事が食べられれば、心臓病や不整脈等の急死を予防することが出来る見込みはたいへん高いです。

簡単レシピで心臓病予防!人参を使った薄味メニュー

ニッポン人の死因で2番目に沢山とされている【心臓病】は防ぐことが出来るのでしょうか

心疾患は防ぎようのない突発的なものや遺伝もあり、死に至る見込みは完全には払しょく出来ません。

しかしながら、心臓病に限らず、食習慣を見直すだけで病気の発症の確率はぐんと減らすことが出来るはずです。

飽食の時代で、お好きなものを自由に食すことが出来る時代だからこそ考えたい、健康と食のテーマは誰もが頭の片隅に置いておく必要があります。

健康に良いとされるお食事は、栄養のバランスがとれていること、味つけが濃すぎないものです。

それらを適正量取り投入する習慣が身に対していることもポイントです。

漠然としすぎていてなかなか実行に至らない人の為に1つ料理法を案内します。

一人暮らしの方や男性だとしても容易に出来る「にんじんごはん」です。

緑黄色野菜のオーソドックス人参をつかった味付けごはんで、薄味を活かし保育園のおやつとしてもよく出されるメニューです。

材料は人参、しらす、白煎りごま、ごま油、おお好きで小ねぎ。

まず、人参をみじん切りにします。

出来るだけ細かい方がいいので面倒な人はフードプロセッサを利用しても良いです。

細かくした人参を少量のごま油で炒め、火が通ってきたらしらす、ごまをまぜていきます。

このタネをごはんと混ぜ合わせて小ねぎを散らします。

ごま油の芳香と、しらすの旨味と塩気で薄味だとしても美味しくいただけます。

どうしても味を足したい時は醤油をほんの少しばかり垂らすとお奨めです。