なた豆とはいかなる豆でしょうか

なた豆とはいかなる豆でしょうか

なた豆とはいかなる豆でしょうか

マメ科の1年草に属するのがなた豆です。
刀豆(とうず)、帯刀(たてわき)という呼び方をする場合も有ります。
マメ科の1年草の中それでは最大級の大きさを誇るなた豆ですが、広いものになると丈だけで長さ5m以上、サヤだけでも50~60cm位までは成長するそうです。
そんなサヤに入っている豆ももちろん大きく、3~5cm位にはなる様です。
概してそら豆の一回り位大きい豆とイメージしていただけたらと思います。
栽培するとしたら春先に種を蒔きます。
夏になると花が咲きます。
白やピンク色の花が咲きますよ。
それから秋ころに実を付けていきます。
かつて亜熱帯アジア地域で栽培されていた事も有り、割に温暖な地域で栽培しやすい植ものです。
日本になた豆が来たのは江戸時代の初期のころでサヤの形が刃ものっぽかったところから「刀豆」と書いて「なたまめ」と叫ぶ様になったそうです。
なた豆は力強い豆で、ぐんぐんと育って出向く事を受けて縁起ものの豆、商売繁盛として親しまれてきた豆だったそうです。
またなた豆は花が次から次へと咲いていきます。
こんな所から子孫繁栄という意味も秘められていたそうです。
また本当か嘘か定かではありませんが、一説に因ると「ジャックと豆の木」というイギリス民話に登場する豆の木はなた豆がモデルになったんじゃないかとも言われているそうです。
勢いよくどんどんと伸びて行く姿がそう連想させたのかもしれませんね。
なた豆を英語では「ジャック・ビーン」というそうですから何か不思議な結び付きが有りそうですね。