なた豆は福神漬の材料にもなるのです

なた豆は福神漬の材料にもなるのです

なた豆は福神漬の材料にもなるのです

さやの長さが25~30cm位、長いものは40cmを超える位のものも在ると言うのがなた豆です。
豆の大きさも2.5~3cm位と幅広いのも特徴です。
原産地は熱帯アジアではないかと言われていて、中国では昔から漢方薬や生薬、薬膳料理の材料として使われていたそうです。
日本では江戸時代の初期のころに行き渡り、食材としても民間療法の薬としても使われてきたと言います。
あんななた豆の効果はいっぱい有り、蓄膿症や歯槽膿漏、扁桃炎という様に体内に溜まった膿が原因で掛かる症状の改善に良いと言われています。
こんな書き方をするとなた豆は特殊な豆の様な感じがしますが、本当はそんな事はなく、昔は日本人にとってはなはだ身近なものだったと言われています。
と言うのも、カレーライスの付け合わせと言ったらこれでしょうという福神漬の材料にもなっているからです。
福神漬って七福神にちなんで作られた漬ものの事で、7種類の野菜を使って作られています。
大根、茄子、蓮根、紫蘇、生姜、白瓜、そうしてなた豆なのです。
こうしたところになた豆が使われていたなんてビックリですよね。
それでも近ころはなた豆自体を生産している農家が少なくなって来た事、値段もほどほど高いという事もあって少ない福神漬にはなた豆が使われていないそうです。
因みに不思議だと思った方がいると思いますが、福神漬に豆なんて入ってないって思いますよね、それはそうで福神漬に使われているのはなた豆の豆の部分ではなくサヤの部分を使っているそうなのです。