なた豆を育ててみよう

なた豆を育ててみよう

なた豆を育ててみよう

健康にも美容にも良いと言われているなた豆ですが、どういう育て方をしたら良いのでしょうか。
その栽培方法を簡単ではありますがご紹介してみましょう。
基本的になた豆を育て上げるのは暖かいと言われています。
種を蒔く時期としては4~6月中旬位が良いでしょう。
寒い地方の場合は温かくなってから蒔くと良いでしょう。
種を蒔く際、なた豆の種を一晩水に浸けて置き種にしっかりと水を含ませておきましょう。
また蒔く土についてですがなた豆は酸性の土壌に弱々しいとされていますので、蒔く1週間位前になったら石灰をまいてしっかりと耕し、酸性から中和させておきましょう。
肥料を取り扱う際には堆肥、化成肥料を取り扱う様にください。
出来れば温度はある程度持ちたいので、寒い場所であればビニールやフレームを使って寒く終わる様にください。
蒔く際には種と種の間を40~50cm位離して蒔き、1cm位土を被せてちょっと踏んでおきます。
芽が出て育ち、本葉が2~3枚位になったら健康な苗だけを残して1~2本立ちにください。
その後、本葉が4~5枚位になったら土寄せと言うのをして肥料を追加してあげる様にください。
支柱は2m位のものを立てましょう。
そうしたらツルもサヤもぐんぐんと伸びてくるよ。
サヤの大きさが10cm位になったら収穫時ですので楽しみにください。
なた豆を蒔く際には毒性がある物も有りますので食用のなた豆を選んで蒔く様に気をつけて種を購入してくださいね。