脳の中では

脳の中では

脳の中では


脳の中まずはどういうことが起きているのでしょうか。
アルツハイマー型認知症の場合で脳の変化を見てみましょう。
特に大脳皮質に萎縮が言えるようになります。
通常は成人の脳で1,400gほどある脳の重さが、認知症を発症して10年ほど経過すると900g以下になってしまいます。
MRIで画像診断すると、正常な脳よりも大脳が小さくなっていることがひと目でわかります。
何より海馬やその周辺の萎縮は進行性のものが多く重要です。
神経伝達もの質にも異常が言えるようになります。
これはアルツハイマー型認知症を発症するのに大きく影響していると言われています。
認知症を発症すると、様々な神経伝達もの質が減少します。
中でも記憶に関係しているアセチルコリンという神経伝達もの質の減少が大きいとされています。
他にもドーパミンやグルタミン酸、セロトニンやノルアドレナリンなどの神経伝達もの質が減少するとしています。
そうして多くの神経伝達もの質が減少することで、脳の記憶部分の機能が低下して認知症の様々な症状を発症するのです。
他にも老人斑や神経原線維変化したり神経細胞の脱落がみられたりするようになります。
脳の中を顕微鏡で見てみると、神経細胞や細胞間にシミというもの老人斑や糸くずという神経原線維が見られます。
この老人斑や神経原線維が増えて現れることで神経細胞が減ってしまいます。
以上のようなことがアルツハイマー型認知症の脳の中で起きています。

脳血管性認知症

認知症の中けれどもアルツハイマー型とさらに数多く見られるタイプがこの「脳血管性認知症」です。
脳の中にある血管が病気などの何らかの原因によって破れたり、詰まったりすることで脳の働きを悪くしてしまいその結果認知症を発症するケースがあります。
このようなケースを脳血管性認知症と呼びます。
脳の中に梗塞がある場合、広いものや小さくて数が多いものなど様々なケースがあります。
これらの様々な原因によって発症します。
たとえば脳内全体の血行が低下したことによってできる場合があります。
脳卒中になって突然そのあとから認知症の症状が現れたり、階段式にこれから症状が現れてきたりすることがあります。
脳血管性認知症の場合は、部分的に障害を起こしている場合が多く、その他の部位は低下せず能力的にはそれほど大丈夫であることが多いです。
部分的に障害を起こすため、人の名前は思い出せない人格障害を起こしたとしても記憶ははっきりしていて記憶障害は起こしていないなど正常さを保っているのが特徴です。
持病として高血圧や高脂血症、糖尿病、動脈硬化などの心疾患がありまた喫煙経験があると発症しやすくなります。
症状としては早期段階で、歩行障害や手足に麻痺がでたり、しびれがでたり、ろれつが回らなかったり、転び易くなったりすることがあります。
他にも感情をコントロールできないで、抑うつ状態になったり感情失禁したりすることがあります。
これらの症状が早期に見られることが脳血管性認知症の特徴です。

脳血管性認知症2


脳血管性認知症になる原因の約8割が脳梗塞の多発によるものです。
脳の血管に障害が起きることで脳の中の血流量や代謝量が減ってしまう。
脳梗塞の程度や範囲によって、認知症の程度に影響がでることがわかっています。
脳血管性認知症の特徴として、障害が起きた部位ごとによって症状にむらがあることが挙げられます。
部位ごとにめまいやしびれが起きたり、言語障害が起きたり、知的能力が低下したりします。
そのため記憶力が著しく低下していても、判断力はしっかりしていて理解力もあるという依然らに認知症症状がでやすいです。
他にも意欲低下による主体性の低下、歩行障害、失禁、頻尿、麻痺、構音、嚥下障害などの症状があります。
症状も日によってその激しさが違います。
脳血管性認知症の場合、予防することができます。
何よりも脳梗塞にならないようにすることが一番です。
そのためにはCTやMRIなどで定期的に検査して早い段階でかくれ脳梗塞を見つけて治療することが必要です。
また脳梗塞のまえぶれ症状として運動麻痺や言語障害などが起きることがありますが、1日もしないうちに症状が治まってしまうことがあります。
このとき治ったからと安心しないで、しっかり医療機関を受診するようにしましょう。
他にも高血圧の人は高血圧を治すこと、糖尿病や不整脈の人も受診してアッという間に直すこと。
日常生活においてはタバコは取り止めること、アルコールは適量呑むこと、食事は塩分や脂肪分は控えめにすること。
運動をすることなどが予防策として挙げられます。

そのほかの認知症

認知症の患者さんは年々増え続けています。
その中で3大認知症と呼ばれるものが、アルツハイマー型認知症と脳血管性認知症とそうして更にがこの病気です。
脳の後ろの方による病気「レビー小体型認知症」です。
これは変性性認知症です。
日本で発見された認知症ですが、からきし知られていないのが現状です。
この種類の認知症の中まずはアルツハイマー型の次に多い病気です。
頻度が多い病気で日本では認知症の人の約2割がこの病気です。
但し重ね重ねアルツハイマー型と誤診達することがあります。
症状としてはもの忘れをしたり、幻をみたりします。
症状に変動性があり症状が出るときと出ないときがはっきりしています。
駆け回りにくかったり転びやすかったりする歩行障害、手が不器用になったり動きが遅くなったりするパーキンソン症状が現れます。
薬の副作用も現れやすいです。
脳の前の方による病気として「前頭側頭型認知症」があります。
この病気はたいしてまれなもので、認知症の中けれどもいまひとつ発症している人がいません。
一番多い認知症のアルツハイマー型について、ういういしい世代で発症しやすいのが特徴です。
認知症の症状として多い健忘症よりも人格変化の方が顕著に起こる症状です。
自己中心的になったり、短絡的に行動したりするようになります。
もの事に対して意欲が低下して何事もめんどうになってしまいます。
そのため行動すべてにおいてだらしなくなってくる。
食事の嗜好も変わってきて、偏食や過食を起こしがちになります。
もの事を繰り返して何度も行う繰り返し行動をするようになります。
言語障害も現れます。