アルツハイマー型認知症

アルツハイマー型認知症

アルツハイマー型認知症


アルツハイマー型認知症は、認知症の疾患の中で一番多いタイプになります。
認知症のはっきりとした原因はまだわかっていません。
わかっている範囲で報いるならば、脳の中で様々な変化が起こってそれにより脳の中にある神経細胞が急激に収まることで脳が萎縮して起こるものとしています。
脳が萎縮することで、その人の人格を崩壊したり、知能低下を起こしたりします。
これが認知症と呼ばれる症状になります。
アルツハイマー型の特徴としては、もの忘れなどの症状から訪れゆっくりと進行して行くことにあります。
過去の古めかしい記憶はよく覚えているのですが、ほんの少し前の出来事、最近の出来事について忘れっぽくなるのが特徴です。
だから毎日おんなじことを何度も聞いたり話したりします。
抑うつや妄想から発症することもあります。
運動麻痺や失禁、歩行障害など重度の症状は初期段階では起こりませんがこれから発症していきます。
認知症であることを確認する方法として脳のCTを取り去るとかMRIをとるとわかると言いますが、これらの画像診断を通しても正常値よりも若干脳が萎縮している程度の結果しかでません。
きちんと認知症であることが極めるわけではありません。
あくまでも脳の萎縮程度を知るだけの目安になります。
アルツハイマー型認知症は発症年齢によって言い方や捉え方が違います。
65歳未満の若年性発症のタイプをアルツハイマー型と言います。
そうして65歳以上の老年期に発症するタイプをアルツハイマー型老年期認知症と呼びます。

アルツハイマー型認知症2


アルツハイマー型の症状を段階ごとに分けてみました。
アルツハイマー型認知症の軽度状態では、時間や曜日の感覚が不確かになる見当識障害が起こります。
日常生活の中で家事を通じていて調理に必要なものを買い忘れたり支払いを間違えたりといった些細な間違いも起こします。
アルツハイマー型認知症の中等度状態では、普段行きなれていない場所に買いものに行くと迷子になるなど場所に関しての見当識障害が起こります。
こうなると買いものも一人ではでかけられなくなります。
季節によって洋服を着ることや上下のバランスを考えてコーディネイトすることなどができなくなります。
突如大声を差し上げるなどの感情障害がみられ多動になります。
不眠症も起きてしっかりと寝入ることができなくなります。
高度状態になると、家族や子供の顔もわからなくなり人ものの見当識障害が起こります。
家の中の間奪い取りもわからなくなり、トイレの場所さえもわからなくなり一人ではいけなくなります。
ボタンをかけることもリボンを結ぶこともできず着替えに介助が必要になります。
お風呂もみずからはかしこく洗えなくなり、お湯の温度調整もできなくなります。
トイレも自分で一概に拭くこともできなくなり、身なりを直すこともできなくなります。
失禁したり便を漏らしたりすることもあります。
言葉も単語で話すようになり文章を話すことが困難になります。
階段の上り下りがひとりではできない、歩行はゆっくりとしかできないなどの歩行障害も見られます。