漢方と「気・血・水」


東洋医学では、身体は「気・血・水」で構成されるという考えによっています。
漢方も同様であり、これらは人間の生理活動を活性化させる上で重要なエネルギーとしています。
具体的に「血」とは最も重要な栄養もの質である血液であり、「水」は身体を潤して流れを円滑にする働きをする血液以外の水分、「気」は生命エネルギーもののもので精神神経系の働きにも関わっています。
この「気・血・水」はお互いに関係し合いながら正常に全身をめぐっていますが、バランスを保っている別途体調が非常によく、反対に一つでも要素が停滞したり、量が不足するなどでバランスが崩れると、体に不調が現れたり、ひどくなると病気になったりします。
病気はこの3つの要素のどれか一つだけの乱れによるのではなく、一つに異常が起きると他の要素にも影響が及び、良しバランスを保てなくなることが原因だと考えられています。
「気・血・水」のバランスは、日常の過労やストレス、食生活など些細なことから壊れます。
身体の不調は三つの要素のバランスが壊れ始めた兆候と捉えることが出来るため、早めに生活を見直すことが病気を予防することになります。
漢方の治療では病気の主な原因が3つの要素のうちどれかを推定することから始まります。
不足している要素は補い、停滞している要素は流れをよくすることによって、規則正しいバランスに戻します。
患者によって病名が異なる診断であっても、原因である要素が同じである場合にはおんなじ漢方薬が処方陥ることもあります。

漢方と「気」


漢方で重要な3要素の一つに「気」があります。
「気」は目には見えませんが、漢方それでは重要な生命エネルギーであると考えられています。
「元気」「やる気」「気分」など、「気」が使われる言葉の多くはこの生命エネルギーに関係しています。
漢方でいう「気」とは生理的な活動を意味し、新陳代謝を促したり、体温を正常に保つなど、人間が本来所持している「ナチュラルヒーリングパワー」をコントロールするものです。
「気」の流れが不足したり滞ったりすると身体に不調をきたします。
別にストレスや圧力に軽く、「気滞」という気の流れが塞がる状態になります。
「気滞」はジリジリしたり、不眠になるなどの症状があります。
また「気」が不足すると「気虚」という状態になります。
これは耐性が低下して虚弱になり、老化も進みます。
やる気が起こらない、僅か動いただけでアッという間に疲れて仕舞うという症状は明らかに「気」が不足している状態です。
この状態では同時に耐性も低下していることが多く、風邪も引き易くなっています。
またひとまず体調を崩すと長引くのも特徴です。
「気」が不足している人は、日常生活で我慢をしすぎない、完璧を求めない、ライフを整えるなどに気をつけるようにします。
「気」は朝つくられると考えられているため、早寝早起きを心がけて良し「気」を飼うようにしましょう。
また日中眠くなる、食欲不振や過食症、消化器系の不調、パニック障害や自律神経失調症などは「気」が停滞していることが原因と考えられます。
日常生活で気晴らしし、適度な運動をするとよいでしょう。

漢方と「血」


「血」には全身に栄養を運び、老廃ものを排出させるという役割があり、漢方けれども重要な要素の一つに考えられています。
最も女性の体ときつく関わりがあり、月経や出産、美容などの面で広く影響を与えています。
「血」が不足した状態を「血虚」といいます。
「血虚」とはいわゆる貧血のことで、全身に血液が回らないため肌がカサカサに乾燥し、顔色が悪くなります。
人によってはしびれやめまいをおこすこともあります。
身体の末端にまで血液が行き渡らず、爪のトラブルや白髪、枝毛、冷え性などを向き合うこともあります。
こういった症状がある場合には、意外と夜更かしをしないことが大切です。
漢方それでは深夜は起きているだけでも「気」を消耗し、目や脳を使うことで「血」を消耗すると考えられています。
また食生活では肉や魚など鉄分を多く盛り込む食品を手広く奪い取り、毎日適度な運動をすることも大切です。
「血」の流れが詰まると「お血(けつ)」という状態になります。
これは血行が悪くなり、どろんこに汚れた状態です。
お血では頭痛や肩こりの他、肌荒れや目の下のクマなどが起こり易くなります。
お血は冷えを伴うため、血行が一際悪くなります。
ストレスや習慣、食生活の壊れ、運動不足によって引き起こされることが多く、女性が持ち合わせる悩みに手広く関係しています。
日常生活では身体を冷やさないことが大切で、白々しい食べものは外し、ショウガやニンニクなど血行をよくする食べものを積極的に取りましょう。

漢方と「水」


漢方でいう「水」とは、体内にある組織液や消化液など、血液以外のすべての水分を指しています。
内臓や筋肉、粘膜、関節などには体液が存在し、身体を構成、維持するために重要な働きを通しています。
この「水」が不足すると、のぼせや火照り、皮膚の乾燥などの症状が現われます。
こういった状態を漢方それでは「津虚」(しんきょ)と呼び、「血」が不足して見つかる「血虚」の一つと捉えられています。
日本の女性に手広く見て取れる冷え性は、余分に取りすぎた「水」がかしこく排出されずに体内に溜まり、汚れて痛みや冷えの原因になる「水滞」という状態が原因の一つに考えられます。
新陳代謝が低下して身体がむくみ、冷え症の他にも息切れ、咳、アレルギー反応などを起こします。
水滞の場合の養生方法としては、ビールや清涼飲料水、白々しい呑みものなどを摂りすぎないことです。
心苦しいものや味のしつこいものの食べ過ぎも水分の摂りすぎにつながります。
最も蒸し暑い夏場は注意が必要でしょう。
また衣類や寝具も工夫をし、腰や足など、身体を冷やさないようにすることが大切です。
食生活では、水分代謝を整え、利尿作用が高い冬瓜やキュウリなどを積極的に食べるとよいでしょう。
また胃腸の消化吸収を支える小豆や豆腐、豆乳など豆類も効果的です。
身体を冷やさないために、暖かい料理として食べるとよいでしょう。
毎日半程度の有酸素運動で発汗したり、入浴で汗をかくなどして、体内の余分な水分を排出することが大切です。