花粉症は季節によって違うのです


花粉症は全ての植ものの花粉による訳ではなく、日本国内でいうなら50~80種類位だと言われています。
その大別として樹木と草花で隔てる事ができ、代表的な植ものとしてはスギ、ヒノキ、ブタクサ、ヨモギ等が挙げられます。
花粉症患者の約8割がスギ花粉症だという事だそうで、春が近付いてくると毎年花粉予報にハラハラする人も多い事と思います。
どの植ものも花粉が風に乗って飛んで来る事が共通点の様です。
花粉予報が大体春前に行われますので花粉症は春に来る症状なんだと思いがちですが、花粉症の原因となる植ものの種類や地域によっては夏も秋も花粉症になるのです。
たとえば春先は東北、北海道地方それではシラカバ、本州ではスギ花粉の飛散が活発化しますし、初夏を迎えるとイネ科の植ものの花粉、秋になるとブタクサの花粉がたくさん飛散する事になります。
この様に季節によって花粉症の原因である植ものがなるのです。
花粉症予防の為には、自分が何の植ものによる花粉症なのか探して漏らし、その植ものの花粉予報をチェックして対策を考える必要があるのです。
それでも花粉症は時局が同じでも皆が皆変わる訳ではありません。
遺伝か体質か暮しか分かりませんが個人差が出て来るのです。
季節によって反応する方もいるし様々なのです。
もしも季節を跨いで花粉症になっているだとすれば他のアレルギーももたらす原因となるかもしれませんので早めの対策が必要になると思いますので考慮しましょう。

花粉症の人が増えている理由


花粉症の人が増えている原因として、花粉予報を見ていると伝わる様に日本のスギ植林事情に関係しているものと思われます。
スギ花粉が原因での花粉症患者が目立ち始めたのは昭和45年頃からだと言われていて、昭和50年を過ぎたあたりから急激に増えてきたと言われています。
昭和30年代、戦後の復興の為、スギが山々にずっと植えられて赴き林を不自然に作っていったのです。
そうしてそのスギが成長して昭和50年代にあっという間に花粉が飛散する様な樹齢になり花粉症患者が激増して言うのだと言われています。
スギは植えてから30~40年程で成木になるので花粉が今飛び交っているという事なのです。
また却って日本の経済事情、スギの人気度合いの落ち込みという面から手入れが行き届かなくなり、スギは自然のまま毎年花粉を撒き散らしているのです。
つまり、花粉は人が作り上げた病気と言っても良いかもしれない位なのです。
国もそういった状況は理解していても予算や人手が足りない事からスギやヒノキの手入れまでは行き届かない見通しらしく、そうすると毎年の花粉予報も年々強い事になって赴きそうな感じがしますよね。
でも、よく考えてみたらスギやヒノキって昔からあるものですのでそれだけが原因とは考えられないですよね。
恐らくは私達の現代における生活なんかも原因として言えるんじゃないかと思うのです。
花粉症は田舎には存在しないとまで言われていますので都会病なのかもしれませんね。

花粉症の種類について


スギ花粉の事を花粉症としている人が多い様に感じますが、花粉症は種類が多くて日本国内だけでも50種類は見て取れると言われています。
それ以上あるとしている方もいる様です。
そうして住んでいる地域や生活状況等、植ものの種類によって身体が反応してくる花粉も違うと言われているのです。
ですから一言で花粉予報を見て下さいと言っても自分に関係有るかどうかまでは分からないという事になります。
花粉症の種類を大別して見ると樹木、草花に仕切る事が出来ます。
樹木の花粉は飛散距離が長く、草花の花粉は飛散距離が少ないという特徴が有ります。
樹木花粉で代表的なものとしてはスギ、ヒノキ、ハンノキ、シラカバ等が有り、草花花粉で代表的なものとしてはブタクサ、ヨモギ、イネ科の植ものになります。
とはいうものの日本で発症している花粉症の8割はスギ花粉の仕業だと言われていて、花粉予報もスギ花粉を中心にして話している事が多い様です。
花粉の飛散時期は一斉にではありません。
一年を通して色んな時期に飛散している様です。
春は樹木系、夏はイネ科系植もの、秋はキク科系植ものという感じです。
日本においてはスギ花粉症の患者が多いのですが、世界的に見るとスギ花粉症は稀にしかないという事で、スギは日本固有の植ものですからに関してになります。
海外の方にいくとブタクサ花粉症が有名だといわれています。
春に花粉症で考え込むからスギ花粉なんだと決めつけてはいけません。
春と言ってもヒノキやシラカバ等も有りますので、お医者さんをめぐって調べてみると対策もし易いと思いますよ。