秋の花粉症


秋の花粉症の原因となる植ものの代表に挙げられるのが「ブタクサ」です。
花粉症の患者数もスギなどに次いで多いため、秋になると症状がでて憂鬱になる人も多いと思います。
元々は北アメリカに生息していた植ものなのですが、今では日本全国どこでも言える植ものとなりました。
ブタクサの花は9月ごろ開花時期を迎えます。
繁殖力が盛んな植ものそれで野原や家の庭、アスファルトまで土があるところにはびこっています。
秋の花粉症としては、ブタクサの他にもヨモギが知られています。
おんなじキク科の中それでは、ヨモギよりもブタクサの方が抗原性はおっきいためアレルギー症状が現れやすいのです。
ブタクサの仲間のオオブタクサの場合は、背丈もブタクサより高いため放出する花粉の量も手広く注意が必要となります。
しかしながらブタクサの花粉というのは、株ものの範囲だけに増えるものです。
そのためブタクサに近寄らないというのが効果的花粉症対策になると思います。
再び庭や自分の身の回りの近くにブタクサがあるのを知っていれば、夏の時期などつぼみを塗り付ける前のブタクサを除草することで秋に花粉に触る心配がなくなると思います。
また現在花粉症の症状がでていなくても、キウィやバナナなどの食ものアレルギーがある人はブタクサにも反応する可能性が厳しいので用人が必要です。
花粉症の症状が現れる人、でそうな人は、秋口にでかける時折マスクをするなどして対策を施すことも必要だと思います。

花粉対策


花粉症の症状がでてしまったならば、症状を削るには断然薬の力を借りることになると思います。
ただし薬に頼るだけではなく、花粉対策グッズなどを活用することで、花粉にさわることを避けて症状を鎮めることができます。
自分で出来る花粉対策を紹介します。
先ほどの述べた通り、ブタクサに反応することがわかっているのであれば、あらかじめ除草するのが一番です。
そうしてブタクサなどのアレルギー原因となる花粉に近づかないこと、触れないことが大切です。
花粉の時期には外を歩いているだけで、空気中にある花粉を花から吸い込んだり、目に付いたりして体の中に取り込んでしまいます。
一番の花粉対策グッズと言えばいよいよ「マスク」だと思います。
花粉によって喉の粘膜が荒れてしまって香ばしい人には「濡れマスク」といった喉に湿り気を与えて潤わせながらも花粉をシャットアウト出来るものがオススメです。
しかし通常のマスクよりも価格が高くなるため、毎日使い続けるのはきついかもしれません。
そういった場合は、ワイヤーが入った使い捨ての花粉マスクがオススメです。
通常のマスクと違って、ワイヤー入りの場合は顔の形によって装着出来るため、顔とマスクの隙間をなくして、花粉が入りづらくなります。
目から侵入する花粉については、メガネをするのが効果的です。
最近では「花粉用メガネ」として、水中メガネという形でメガネの上部にも覆って花粉がメガネと顔の隙間から入らないように工夫されています。
UV加工されたものや、曇り止め加工されたもの、サングラスというデザイン性の厳しいものなど様々なメガネがあります。
子供用の花粉用メガネも販売されています。
二度と花粉対策として、花粉が付着しにくい服やコートなども販売されています。
外出して体いっぱいにつけてきた花粉を家の中に持ち込むことがないように、帰宅したら先ず全身についている花粉をはらって家の中に入るようにします。
花粉を全部払ってからメガネやマスクをはずすようにしてください。
花粉対策グッズを上手に使って、かしこく花粉の時期を乗り切りましょう。

季節ごとの花粉


花粉症対策をするには、まずいついかなる花粉が飛散するのか、花粉について分かることが大切です。
いつ如何なる植ものがどれくらいの量どこで飛散するのかなど、知っているのと知らないのとまずはできる対策方法がよっぽど違います。
花粉症対策そうして花粉症予防として、花粉症の原因となる植ものを知っておくことも大切なことなのです。
現在花粉症の原因となっている植ものはとても多くて、冬以外の季節で一年中各種花粉が飛んでいます。
またその日の天気によっても左右されます。
空気が乾燥していて風が強い日になると花粉はたくさん飛び易くなるので注意しなければなりません。
晴れの日で殊更カラッと快晴の日や雨が降った翌日の晴れの日には最も注意が必要です。
地域によっても生息している植ものの種類が違いますし、植ものによっても飛散できる範囲やその量は違います。
花粉症がある人は、どの花粉によってアレルギー反応を起こしているのかクリニックで血液検査をしなければ正確にわかることはできません。
但しどの時期に何の花粉が飛んでいるのかを知ることである程度原因を特定することはできます。
たとえば秋になるとくしゃみがひどくなる人などの場合は、ブタクサによる花粉症かもしれませんし、春先ならばさすがスギ花粉かもしれません。
一年の中で世間一般的にも一番花粉症を警戒するシーズンと言えばやっぱ「春」です。
気安くなってきて様々な植ものが芽吹いて開花する時期ですし、その中それでも花粉症の原因となっている植ものもたくさんあるからです。
花粉としてよくおっしゃるスギやヒンキは2月から5月くらいの間飛散しています。
他にもハルガヤやホソムギやハルジオン、シラカバやリンゴやイチョウやコナラ、ケヤキやイチイやハンノキなど数多くあります。
春が過ぎて夏になると花粉症のニュースも消え去り、世間一般的にも意識がうすれるころです。
ただし窓を開けっ放しとしている機会が加わるために、家の中に花粉を取り込んで花粉に接する機会が多くなります。
イネやテンサイやカモガヤ、キョウチクトウやイチゴなどがあります。
グングン秋になるとブタクサやヨモギやカナムグラなどがあります。
体も夏の暑さで弱っているころそれで、秋の花粉にも注意しなければなりません。