花粉症の症状の鼻詰まりについて


花粉症で悩んでいる人のみんなが悩んでいると言われている鼻詰まりの症状、花粉症の4大症状の仲間だと言われています。
鼻詰まりは鼻水が出る症状よりも耐え難い症状かもしれません。
鼻の奥はかなり狭くなっていて多少なりとも粘膜が腫れてしまうと鼻が詰まった症状になってしまいます。
通常は片側だけ詰まるのですが酷い人は両方詰まってしまいますので呼吸自体が苦しくなってしまう。
そうすると鼻呼吸が出来なくなり口呼吸になってしまいますので熟睡が出来ず睡眠不足に陥ったり、口の中が乾燥したりして色んな影響が出て現れる様になります。
殊に寝不足なんてお肌に大敵ですから美容面にも影響が出て来る様になりますよ。
ですから花粉予報をチェックして花粉が多い日なんかは、対策を早めにする必要が有るのです。
何故鼻詰まりが花粉症の症状になるのかと言うと、鼻の粘膜に花粉が付着します。
それにより身体が花粉を体外に除去しようとする働きをします。
その為にヒスタミンというもの質を取り出すのです。
このヒスタミン、血管を刺激する事があるのですが、これによって血管を拡張させ、血管壁を緩ませ、透過性を高め、結果的に血液の中においている水分が外にでてしまうのです。
それが鼻詰まりという症状を引き起こしているのです。
そういった症状は鼻にだけ生まれる訳ではありません。
目に起こる場合もあり、目に起こった場合は目が充血するという症状になります。
花粉症による鼻詰まりは症状が重い場合が多いですので花粉予報をチェックしながら早めの対策をする様オススメしたいと思います。

花粉症対策【局所ステロイド投与】


局所ステロイド薬の投与で花粉症対策をする方がいます。
この局所ステロイド薬、作用は多々見て取れる様で花粉症が季節性アレルギーになりますが鼻の症状に効果が見て取れると言います。
その為に花粉予報によっていつ投与するか感じる必要が有ります。
局所ステロイド薬と言うとものものしい感じがしますが、点鼻薬とかで出来るので本当に簡単です。
それに一般的に使用されているステロイド薬と違って人体に影響を及ぼす可能性はちっちゃいですので、意外と中度以上の症状の人に効果があるようです。
ステロイドを投与すると副作用がまったく心配されますよね。
それでも局所ステロイド役は全身ステロイド薬と違って副作用が認められる事は少ないので花粉症対策には心から良いと言えるでしょう。
花粉予報を通して自分が症状が悲しいなと思ったらぜひ医師に相談して投与してもらう事も考えてみて良いかもしれませんね。
局所ステロイドは花粉症に対して割に安全で有効だと言われています。
医師の処方が必要ですのでお医者さんをめぐって薬を貰う様にください。
花粉症の症状はとてもしんどく、重度になると日常生活にも支障を出してくるかもしれません。
すると寝不足にもなるし、ストレスにもなり、それが影響して余計花粉症の症状も悪化させる事になるかもしれません。
そうなると実に辛いですよね。
そうならない内に早めの対策を行ない、症状を緩和させる様にしましょう。
その為に局所ステロイド薬はとても効果的のです。

花粉症対策【レーザー治療】


レーザー治療は近年注目を集めている花粉症治療の1つになります。
それほど鼻詰まりの症状に効果が期待出来るとしています。
花粉症のレーザー治療は手術になるのですがこれは大々的な手術では有りません。
鼻の穴にレーザー光線を直接照射します。
そうして粘膜を少し焼くのです。
粘膜を焼く事で花粉が鼻の粘膜についても過剰反応を遠退ける事が出来るようになります。
そうなるときつい鼻水や鼻詰まりの症状を緩和させる事が出来るのです。
この手術、20分も有れば両方の鼻を照射する事が出来ます。
痛みも出血もざっと有りませんので全然脅える必要はありませんが、粘膜を焼いてしまうので少しは粘膜にかさぶたの様なものが出来てしまいます。
その為にかさぶたが取り除けるまで鼻詰まりの症状が照射する前より深く芽生える事が考えられるのです。
その期間2週間位、粘膜が再生されますので我慢する事になります。
また入院の必要も副作用も有りません。
ただし1回照射しただけでは駄目で2週間に1回位のペースで2ヶ月間ほど行った方が良いと言われています。
またレーザー治療を受ける時期も考えなければいけません。
症状が深く出ている時期は手術自体してはいけなくなるかもしれません。
その為に、出来れば症状が出る前に終わらせた方が良いのです。
ですから花粉予報をチェックして相談しながら時期を決めると良いでしょう。
そうしたチェックも花粉予報でする事が出来るのです。
もしかすると何年かに1回はさらに治療する感じになるかもしれませんので、そういったデメリット部分も含めて医師に相談ください。