花粉症の原因


1~2月あたりから気にし始める人が多い花粉症。
花粉症もアレルギー症状になります。
なってしまうと実際辛いですよね。
花粉症は最初からなっている人って意外に短く、途中による人が殆どだそうです。
花粉の時期に変わる前にアレルギー科がある病院等に行って予防する人も結構多い様ですよ。
耳鼻科に併設されたアレルギー科、呼吸器系に併設されたアレルギー科等に花粉症の症状が出ているからには行った方が良いですよね。
なのでどんな原因が有るのか日常生活を送っている上で原因となるものを挙げてみたいと思います。
【スギ・ヒノキ】
スギ花粉で悩んでいる人は日本人まずは甚だ手広く、花粉症の約8割がこのスギ花粉ではないかと言われています。
関東で2月上旬を目安に、西に行くと惜しくも早く、東に行くと惜しくも遅くの時期からスギ花粉、ヒノキ花粉が飛散する事になります。
飛散は短期間ではなく約2ヶ月間という長い期間を要して飛散されると言われています。
快晴日に手広く飛散する様ですが、年々飛散量は増加傾向に有るらしく、毎年ニュースで「去年の倍以上になるでしょう」とか言われています。
ヒノキ花粉の場合はスギ花粉より1~1.5ヶ月程のろい為、長い期間にわたって花粉症で迷う方がいます。
この場合、スギ花粉、ヒノキ花粉の両方のアレルギーになっている可能性が有るのです。
この他にも「カバノキ」「イネ」「ブタクサ」「ヨモギ」と言った種類の花粉症が有り、時期がずれていますので花粉症を発症する人は1年中花粉で悩まされる事になるのです。

花粉症による症状


毎年2月あたりになると、ニュースで今年の花粉予想みたいなのを放送しますよね。
そこで絶えずビックリするのが、「今年の花粉は去年の2~5倍は有るだ」といったニュースです。
毎年このセリフを聞くという事は毎年確実に花粉の量が増えている事が伺いしれます。
そんなふうに考えるとずいぶん苦しいですよね。
毎年花粉症になる人が新たに続出しているという事ですものね。
そういったアレルギー症状で悩んでいる方はアレルギー科が有る病院に行ってみると良いでしょう。
花粉症の場合は耳鼻科もしくは呼吸器系のアレルギー科が良いんじゃないかと思います。
そこで花粉症になった場合、どんな症状が出るのか挙げてみたいと思います。
先ずは花粉症の4大症状と言われているのが、「くしゃみ」や「鼻水」、「鼻づまり」、「目の痒み」といった症状です。
これらの症状は風邪の症状に似ているので間違え易いのですが、風邪は大体1週間もすれば治ります。
但し花粉症の場合は花粉が飛散している時期の間はさらに症状が止みませんし、くしゃみも回数が多くて発作が起きているかの様な感じになります。
また鼻水も風邪では黄色っぽい感じですが、花粉症ではサラサラ水っぽい感じなので相当違いは頷けるのではないかと感じます。
もっと目の痒みが花粉症では激しく起きる様になります。
そうして花粉が気管に入ってしまうと、軽ければ咳が、重ければ呼吸困難になって仕舞う様です。
また肌がただれる事も有ります。
花粉症には重さや花粉が付いた場所によって症状が変わってしまう。

花粉症を予防決める


花粉症はアレルギーの1つになりますが、なってしまうとつらい症状に悩まされますよね。
アレルギーだからアレルギー科が有る病院をめぐって診てもらうのも素晴らしいとは思いますが、日常生活において予防が出来るのであればした方が生活が楽になって良いかと思います。
たぶん花粉は晴天の日、そして風が強い日にたくさん飛散します。
一段とお昼前後がピークとなって飛散するそうです。
ですから花粉症でしんどい方はこんな飛散しやすい日、時間帯を避けて外に出ると良いと思います。
次に外出時の服装ですが、メガネとマスク、帽子を通して花粉が付かない様にください。
そうして洋服の材料もニットだと花粉がくっついてしまい、家の中に持ち帰ってしまう事になりますので、花粉が付きにくいスベスベ材料をきるようにすると良いでしょう。
そうして家に入る際には花粉を中に入れない様に洋服に付いた花粉を払い洗い流す様にください。
またうがいや顔も早めに洗うと良いでしょう。
そうして洗濯ものだが外に乾かすと花粉が付きますので、部屋乾かすか乾燥機を使う様にください。
次に部屋ですが、快晴と窓を開けたくなりますが、花粉が入りますので閉めて置き、空気清浄機を使うと効果的です。
また掃除はとにかく拭き掃除をしてから掃除機を使うと花粉を舞い上がらせません。
こんな事を面倒だからと怠ると症状もひどくなり、アレルギー科が見て取れる病院に行かなくてはならなくなります。
そうならない為にもぜひ日常生活の中で予防出来るものは予防しちゃいましょう。

花粉症対策


花粉症としてやむを得ずアレルギー科が見て取れる病院に行き診てもらう事が大切となります。
ただしアレルギー科に通うだけじゃ対策にはなりません。
花粉症対策を行うのなら日常生活においても実践していく必要が見て取れるのです。
先ずはマスクをください。
マスクは鼻や口から加わる花粉の量を減らしてくれるだけでなく、顔全体の保湿もしてくれる。
保湿するときつい咳の症状が緩和される様になります。
次は目が痒い場合の対処ですが、白々しいタオルを目に当ててください。
ほとんど痒みが緩和されますよ。
次はライフサイクルを見直してみるという事です。
身体が疲労するとアレルギー反応に反応しやすくなります。
また疲れだけじゃなく、寝不足、ストレス、お酒、タバコは鼻の粘膜を刺激し易い為にアレルギー反応を二度と起こしやすくなりますのでライフサイクルを改め、症状を悪化させないエクササイズをください。
また、食生活を改善したり市販薬を使ったりするソリューションも有りますが、一番良いのは耳鼻咽喉科やアレルギー科っていう花粉症の専門の病院で診てもらう事です。
くしゃみや目の痒み、鼻水、鼻づまりが毎年同じ時期にあるようであれば花粉症の可能性が高いです。
ただし花粉症と言っても症状は人それぞれです。
目が痒いなら眼科、肌が痒いなら皮膚科、鼻が鬱陶しいなら耳鼻咽喉科等、症状に合わせた病院に行く様にください。
花粉症対策にはなんだかんだ有りますが、するのと断ち切るのとでは断じて違います。
自分に当てはまる対策が出来る様にください。