オオブタクサ


ブタクサ花粉症の真犯人は本当は「オオブタクサ」なのです。
つまりオオブタクサを根絶することで、ブタクサ花粉症から解放されるのです。
オオブタクサは外来種なのですが根絶することはできます。
実際に地域をあげてこのオオブタクサの根絶を進めているところがあります。
市と地域団体が互いに数年間かけてオオブタクサ根絶の取り組みを通じて現在とっくにその量が半減しているそうです。
オオブタクサの弱点を紹介します。
オオブタクサは根が浅い一年草です。
そのため根っこを土中に記した状態で刈ってしまったとしても再生できないそうです。
ですからオオブタクサを追い抜くときに一生懸命根っこまで掘る無用ということです。
そうしてさらにオオブタクサには種の移動能力ばかり無いということです。
新たに種を結実させないようにして、土中に残っている休眠種子がなくなるまでの間毎年オオブタクサを刈り取っていけば毎年度数が減っていきます。
休眠率は10%程度なので、1年間で10分の1程度毎年燃やすことができるのです。
これを3年ほど続ければ全くなくなります。
あとはわずかに生えてきたオオブタクサも離すこと無く刈り取ることです。
そうして監視を続けていくことで根絶することができます。
それでは自分の住んでいる近く、地域から作ることで自分の住環境からブタクサを排除することができ、毎年のようにブタクサ花粉症に悩まされることがなくなります。
直ちに根絶することができなくても、毎年のように量が減っていくだけでも花粉症患者としてはやけにありがたいことです。
スギの樹は伐採できなくても、身近に生えている雑草ならば排除することは可能です。

ロイヤルべにふうき


ブタクサ花粉に効果があるとしてサプリメントが発売されています。
それが「ロイヤルべにふうき」です。
眠たくならないので子供も安心して服用できるブタクサ花粉症対策のサプリメントです。
飲み込むだけでお手軽に花粉症対策できると老若男女問わずにみんなに人気がある商品です。
ブタクサによってくしゃみや鼻水で悩まされているあなた、副作用無く安全に天然茶葉のべにふうきが守って貰える。
お茶などに入っているカテキンの一種であるメチル化カテキンの働きで、くしゃみや鼻水や目のかゆみなどが治まります。
「べにふうき緑茶」にはこのメチル化カテキンがたくさん含まれています。
普通のお茶に入っているカテキンに比べてこのメチル化カテキンは5倍も効率的に吸収される特徴があります。
「べにふうき緑茶」から有効成分を抽出して呑み易い錠剤型サプリメントにしたものが「ロイヤルべにふうき」です。
元はお茶なので、安心して副作用も気にすること無く飲んでいただけます。
花粉症だけではなく、鼻炎やアレルギーの人にお奨めなのが「ロイヤルべにふうき」です。
サプリメントなので携帯に便利でお出かけの時にも邪魔になりません。
アルミ包装になっているのできちんと保存できて長持ちします。
緑茶の苦みが苦手な人もサプリメントなので呑み易いです。
妊娠中の人もお子さんも安心して飲めます。
クオリティコントロールも徹底して行っています。
「ロイヤルべにふうき」は1箱3,800円です。
購入は通販サイトから行えます。

喘息草


通常花粉を吸いこむと鼻水や目のかゆみなどの症状が現れます。
ただし花粉を吸い込んで呼吸困難や喘鳴などの症状が現れたらそれは喘息を起こしているかもしれません。
喘息発作の引き金となると言われている喘息草について紹介します。
喘息は花粉がアレルゲンで発作が起きることがあります。
植ものがたくさん生息している場所で喘息発作がでたら近くに喘息草があるかもしれません。
喘息発作を起こす原因植ものにどんなものがあるのか種類や特徴を見ていきます。
喘息草と言えばブタクサです。
ブタクサは夏から秋にかけて開花する植ものです。
細い茎の先に小さくて黄色い花が密集しています。
日本全国ほとんどの地域に生息しています。
但し日本で発生した植ものではなく北アメリカが原産国となっています。
ブタクサは以前は河原や道端や田畑などに生えていましたが最近では土地開発などが進んだために減少傾向になっています。
またアメリカから日本に最近ブタクサハムシがやってきたために日本でブタクサが減少しているそうです。
ブタクサの花粉症や喘息で辛い思いをしている人たちには朗報です。
ブタクサは花粉症の原因になる植ものとして有名なものだが、喘息の大敵もあるのです。
飛散した花粉を吸い込んでしまうと、息苦しくなり凄い咳がでてしまったり、胸がゼイゼイしてしまったりして喘鳴症状が現れます。
ブタクサは喘息が悪化し易い季節の秋に猛威をふるいます。
だからこの季節に外をあるく時折マスクをするなどして対策をしっかりとすることが大切です。