花粉症対策を決める【外出時】


一度花粉症になってしまうと今の医学では結構完治は難しいと言うのが実状の様です。
毎年花粉予報を見て「今年も多いのか」とがっかりしている人も多い事でしょう。
それでも症状をある程度緩和させる様に対策をすると少しは楽になると思いますよ。
基本的花粉症対策としては花粉を吸わない、花粉を浴びない、花粉を持ち込まないが鉄則です。
花粉症アレルギーのアレルゲンは花粉ですので身体が花粉に触らなきゃ良いのです。
ただしそれは生活をしている以上酷い事だと思います。
そこで外出時における花粉対策を挙げてみたいと思います。
先ずは花粉予報をチェックして花粉飛散量が多い日の外出を遠ざけるという方法です。
晴れか曇りの日で温度か湿度がおっきい日、風が強い日、雨が降った翌日なんかは花粉が多く飛ぶと言われています。
それでも仕事していたり学校に通っていたりする以上出かけないなんて事は無理ですよね。
ですから外出する際にはマスクをする事、帽子やメガネをする事、そしてナイロンやポリエステル等、花粉が付きづらい洋服を着る様にください。
再度、洋服に静電気防止スプレーをかけるのも可愛いみたいですよ。
そうして家に帰ったら花粉を中に入れない様に充分に払ってから中に入る様にください。
とりわけ背中や足元は花粉が溜まりやすいですので忘れないで払いましょう。
そうしてシャワーを浴びてうがいを通じて、花粉を全て洗い流し着るのも大切なのです。
外出時は花粉をどんなに付かないようにするか、花粉を中に持ち込まない様にするかがポイントなのです。

花粉症の症状【目の痒み】


花粉症の症状の一つに目の痒みが有ります。
これはとてもむず痒いものだそうです。
プラスして涙が出る様になったりすると日常生活が普通に送れなくなったりするかもしれないのです。
でも痒いから仕方がないのですが掻いたり擦ったりすると却って悪くなって仕舞う事も有りますので注意しなくてはいけません。
花粉予報で「今日は花粉飛散量が多いです」なんて出たら二度と注意も必要になります。
では何故花粉で目が痒くなったりしてしまうのでしょうか。
それはまつげに花粉が付着してしまうからなのです。
その花粉が目の粘膜に付着して刺激を通じて痒くなるという訳です。
外出を通じて帰宅したら先ずは顔を洗ってまつげに付いた花粉を減らす事が大切なのです。
そうして外干ししたタオルにも注意してください。
何とか顔を洗って花粉を落としてもタオルに花粉が付いていたら意味が有りません。
花粉症の目の痒みを止めるには花粉症用の目薬、洗眼薬を使うのが良いでしょう。
更に痒くて仕方がない場合は冷やしたタオル等を目の上に充てておくと良いですよ。
後は外出時に目全体を囲う様なメガネを(ゴーグルみたいなもの)張る様にすると目に花粉が付きませんので予防になりますよ。
後はしっとりアロマで癒されながら痒み対策をしてみてはいかがでしょうか。
リラックスする事で痒みが多少治まりますよ。
花粉予報をチェックしながら対策する事も良いと思いますのでぜひ実行してみてくださいね。
オススメはカモミールですよ。

花粉症の予防を決める【生活習慣の改善の仕方】


年が明けて花粉症の人が気にする事と言ったら今年の花粉予報ではないでしょうか。
花粉予報では花粉の飛散量や時期について予測を教えてくれる。
それを元に対策を立てるのは良い事ですが出来れば花粉症の症状が酷くならない様に予防をした方が良いと思います。
そこでここでは習慣の見通しでの予防方法をご紹介して見ましょう。
先ずは「食生活」の改善からです。
栄養バランスが偏っている食生活は花粉症とか身体にもかわいらしくは有りません。
食事はバランス良く食する事が本当に大切なのです。
その食事に花粉症に効果があるというメニューを入れてみたりする等して工夫をしてください。
次に「正しい生活を送る」という事です。
寝不足、ミッドナイトまで起きているという事、先程も挙げた食生活が欧米化している事等、花粉症を発症しやすい生活の乱れは症状を悪化させてしまいます。
慌しい現代社会、何だか正しい生活をするのは無理かもしれませんが、出来るだけ出来る様に心がけておきましょう。
次に「リラックスする、疲れを溜めない」ということです。
ストレスが溜まったり疲れが溜まったりすると交感神経と副交感神経のバランスがひずみ、アレルギー症状の刺激するヒスタミンが体内に放出されてしまいます。
そうすると症状も出やすくなってしまいますので出来るだけリラックスする様にしたり、疲れを取ったりしてバランスが良い生活を送る様にください。
花粉予報と健康的な生活。
この2つで花粉症を完全予防ください。

花粉飛散情報について


日本気象協会と環境省と共同で発表されるのが花粉飛散情報という花粉予報で、花粉の飛散時期が近付いてきたころにサイトを見てチェックする必要が有ります。
サイトの花粉予報には色々あり、「はなこさん」という環境省花粉観測システム、「キシルクリスタル」というのどカラ予報と花粉予想等何やかや有ります。
花粉症対策をする為に行なう基本的事はメガネとマスクをした方が良いと思います。
これにより目と口から花粉が体内に混ざるのを小さくする事が出来ます。
そんなにすると症状を切り詰める事が出来ると言います。
殊更「去年と比べて○倍多いです」という予報が出ている場合は症状も強まってきますので早めの対策が必要になります。
具体的には花粉の飛散時期の前、大体1月中旬から下旬にわたってだと思うのですが、病院をめぐって抗ヒスタミン薬という様な花粉症の症状を鎮める薬を処方してもらう様にすると良いですね。
また花粉症に効果があるというお茶も呑む様にすると良いでしょう。
別途雨や呑みものにも工夫すると良いのですが、食品は個人差が有りますので注意して下さい。
花粉予報で花粉飛散量が多いと予想されている年は症状が非常に悲しいというのですが花粉症対策をしっかりとする事で牛耳る事が出来ますよ。
花粉飛散情報は花粉症の人にとって極めて大切な情報になります。
自分には関係ないと言わないで症状が多少なりとも薄らぐ様にしっかりチェックしておいて下さいね。