認知症とは


人間の知能や機能の司令塔である「脳」。
この脳の正常な働きが、生まれてから今まで生きてきた中つまり後天的に起きた様々な病気を通じて脳の機能が低下し続けているときのことを言います。
先天的つまり生まれ所持して知能に障害をきたしていることを「知的障害」と言います。
これに対し後天的に脳に障害を起こしていることを「認知症」と言います。
一昔前までは日本では認知症のことを「痴呆」と呼んでいました。
これを2004年に厚生労働省が現在の呼び名である「認知症」に変更しました。
この行政の指示によって、老人福祉施設や医療現場では痴呆を認知症と名称変更したのです。
認知症の意味は知能が低下した状態ですが、真に医学的にいうと脳の記憶や見識に障害があり、再び人格障害などを齎す症状を指します。
年老いたことによって記憶力が褪せる、ぼけるなどの症状を認知症とは言いません。
病的に脳の機能が低下続けることのみを指しています。
頭部にケガをおったことによって知能が低下したらそれは認知症と言います。
判断能力が低下したことなどだけでは認知症にはなりません。
しかしながら認知症は後天的な影響から脳の機能が低下するため、高齢者に手広く見られるのも事実です。
高齢者が認知症を患うと身体的にも落ちることがあり、1人では日常生活を送れなくなってしまうことも珍しくありません。
このようなときは家族や親族などによる心からの献身的介護が必要となります。

症状

認知症の症状には様々なものがあります。
認知症の症状を大きく分けると4つに分類することができます。
一門目は「知的能力の低下」です。
もの忘れがひどくなる健忘の症状がでます。
日ときの感覚がなくなったり、場所や人がわからなくなったりする見当識障害を起こします。
図ることや理解する思考力が弱くなります。
もの事を判断したり見極めたりする力が弱くなり人違いなどを起こしてしまう認知障害を起こします。
2つ目は「心の症状」と「行動障害」です。
夜になると興奮状態になって行動がおかしくなる夜間せん妄を起こします。
夜寝入ることができなくなり不眠状態になります。
そこにあるはずの薄いものが思える幻覚症状を起こします。
ありえないものを任せる妄想を起こします。
気分がつねにへこむ抑うつ状態になります。
行動障害としてはあちこち勝手に歩き回って徘徊します。
ささいなことで起こって手を出すようになり暴力的になります。
食べられないものそれで本来は口にいれないのに、わざと口に入れて食べようとする異色行動がみられます。
便を触ることもあります。
3つ目は「日常生活の低下」です。
日常生活において基本的こと、食事をする、排泄、入浴、着替えをするなどの行為が自分ひとりではできなくなります。
4つ目は「身体障害」です。
歩行が困難になる歩行障害が現れます。
食べものを巻き込む力が弱くなりむせる嚥下障害を起こします。
失禁したり便が出にくくなったりする膀胱直腸障害を起こします。
これらの症状の出方には個人差があります。

危険因子


現在日本国内において認知症にかかっている人は65歳以上の高齢者で3%~8%になります。
今後の高齢化社会において再びこのパーセンテージはあがり10%になる日もほど近いと言われています。
認知症の発病率は75歳以上になると急激に高くなります。
このようなことからも認知症の最大の危険因子は「年齢」であると言えます。
認知症の中それでもアルツハイマー型のタイプは何より年齢と共に発病率が高くなることがわかっています。
家族歴もものすごく関係しています。
自分の両親どちらかが認知症をわずらっていれば、その子供が認知症を発病する確立は通常よりも10%~30%も高くなります。
また親が早期に発症している場合、その子供も早期に発症する可能性が高くなり50歳台での発症率もかなり高くなります。
これらは遺伝因子によるものと考えられています。
他にも高血圧の人が高血圧治療の際に選べる血圧降下剤を服用することで脳の中が酸欠状態になって脳細胞が減少することで発病することがあります。
この他にも糖尿病や高コレステロール血症などの病気によって認知症が発病する危険性も高くなります。
喫煙も認知症の発病にすごく影響があるため、受動喫煙している場合けれどもその発病率は通常よりも高くなります。
受動喫煙しているだけでも30年間の間で認知症の発病率が3割もあがっているそうです。
認知症になる危険因子としてはこの他にも様々ありますが、大きく影響を与えているのは以上のようなことが挙げられます。

原因

病気によって認知症を発症するケースは多いです。
原因となる病気として主なものに、アルツハイマー型認知症、脳血管性認知症があります。
二度とこの2つの病気を混合したケースもあります。
これらの病気が認知症の約8割から9割を占めています。
アルツハイマー型認知症とは、脳細胞の性質が変わったり消失したりすることによって脳が縮んでしまいあるものです。
脳血管性認知症とは、脳梗塞や脳出血など脳内血管に異常によるものです。
それぞれの症状を比較すると、アルツハイマー型では初期段階で認知症であるという自覚だけ薄いのに対して、脳血管性認知症の場合は初期段階ですでに自覚症状があります。
症状の進行状況は、アルツハイマー型ではゆっくりと進行して出向くのに対して、脳血管性の場合症状が可愛くなったり悪くなったりして進んでいきます。
また脳血管性の場合は手足に麻痺やしびれなどの神経症状がありますが、アルツハイマー型の初期段階にはほとんどありません。
持病と認知症との関係を見ると、アルツハイマー型は持病とはちっとも関係ありませんが、脳血管性の場合は高血圧や糖尿病などの持病と関係していることが多いです。
それぞれの認知症の特徴としては、アルツハイマー型では落ち着きが無くなったり、深刻さがなかったりします。
脳血管性の場合、センチメンタルになりほんのささいなことで怒ったり泣いたりします。
アルツハイマー型では全般的に能力が低下しますが、脳血管性では部分的に低下するにとどまります。
以上のように認知症の違いを一般的な傾向として挙げてみました。

認知症と間違えやすい病気


年をとって少々もの忘れがひどくなってきた、ぼけてきたからといってイコール認知症というわけではありません。
認知症もののような症状の病気や状態は他にもあります。
たとえば「うつ病」です。
気分が落ち込んで暗くなり元気がなくなって行くため、認知症と間違え易い病気です。
うつ病の場合は抗うつ剤によってある程度症状を改善することができます。
他にも耳や目の病気が考えられます。
耳が聞こえにくくなったり、目が思えにくくなったりすると外界からの情報が減ってしまいそのために反応がにぶくなり認知症と感じることがあります。
難聴や白内障などの視力障害が考えられます。
このような場合は病舎を受診して、薬を服用して治療を進めて行くか補聴器などを利用することによって症状が改善してくると思います。
薬の呑み方にも注意が必要です。
年をとって色んな病気にかかるようになって、複数の病院をかけもちして薬もそれぞれ並行して飲まなければならないことも生まれると思います。
この薬の呑み方を間違えてしまい呑みすぎてしまうと、ボーっとした状態になり周囲からみると認知症を患っているように窺えることがあります。
認知症の症状の特徴もある物忘れですが、認知症によるものとそうでないものの見分け方を紹介します。
普通にもの忘れをした場合、自分がもの忘れしたことを覚えているものです。
だが認知症の場合、もの忘れしたことさえ自覚していないことがほとんどです。
また生活体験している全てのことを忘れます。
認知症によるもの忘れの場合、この症状はどしどし進行していきます。
普通のもの忘れでは進行しません。
徐々に日常生活も送れなくなっていくことが特徴です。
普通のもの忘れでは日常生活に支障はありません。