抗がん剤はガンの治療法


全死亡件数の3件に1件がガンという、いまやガン大国となった日本。
その中にあって、ガンの圧倒的方法は依然として確立されていません。
ガンになった場合、多くの人が絶望し、死というものを見守る事になります。
これは仕方薄い事とあげるしかないのかもしれません。
ガンは注意すれば未然に防げる病気ではなく、発症の可能性を引き下げる為にどんなに健康的に生きていても、上る人は患う病気です。
そういったガンに対する現時点での方法は、複数存在しています。
その中の一つが抗がん剤の投与です。
抗がん剤は、ガン細胞を殺す薬であり、ガンを治療する確かな薬です。
ただ、全てのガンに効果があるわけではありませんし、全ての人に効果が保証罹るものでもありません。
少なからず、運というものも作用する薬です。
また、副作用もあり、このリスクが非常に大きな障害となっている事も、投与の際には本当に知っておく必要があります。
抗がん剤の主な投与方法は、静脈注射、経口投与です。
直接投与するケースもありますが、全然多くはありません。
基本的には点滴による投与となります。
抗がん剤が投与されると、ガン細胞の分裂の際に合成、複合といった細胞の動きを阻止し、単に細胞が死滅するのを待つという仕組みになっています。
細胞は不滅ではなく、終始死滅して生まれ変わって行くものそれで、それを利用した方法と言えます。
抗がん剤は、状況に応じて投与するか否かを決めなくてはなりません。
副作用をはじめ様々な障害はありますが、抗がん剤に命を救われた患者も大勢います。
その恩恵とリスクの両方をしっかりと見る必要があります。

抗がん剤には副作用がある

自らがガンとなった場合、あるいは身内がガンに侵されたと発覚した場合、皆さまは大きな失望に包まれます。
ただ、絶望していても先には進めません。
進行度にもよりますが、ガンは癒える病気です。
すぐに適切な治療方法を考え、それを実行しておく必要があります。
その中として多くの患者が選択する抗がん剤ですが、この手当は効果が厳しく、即効性がある一方、非常に凄い方法であると考えた方が良いでしょう。
通常、病気の治療を行う場合は、その病気を治すだけでなく、体調管理を第一に考えます。
たとえば、少し強めの風邪に対する薬を処方する場合、その薬には少なからず副作用があります。
胃がただれる可能性がある等というものですね。
その場合風邪薬と共に胃薬も処方され、複合して飲み込む事で副作用も緩和され、体調の悪化を防ぎます。
病気だけでなく、体調を健康に保つ事が最優先されるのです。
ただし、抗がん剤の場合はそれが叶いません。
副作用がやたら強力で、それを掴むのが難しいからです。
抗がん剤はそのおっきい効能ゆえに、非常に痛烈副作用を有しています。
従って、抗がん剤では治療する場合には、非常に難しい療養を覚悟しなくてはならなくなるのです。
この場合、高齢の方はその壮絶なまでの副作用に耐えられないケースも多々あります。
副作用には、身が引き裂けそうな激痛や、正気を保つ事が困難な程の体調悪化に関しても想定されるのです。
これに持ち堪えられなければ、継続的な治療はできません。
ガンという病気の酷い点は、ここにあります。

抗がん剤の目的


数あるガンの治療方法の中で、抗がん剤治療の目的は大きく分けると3つ存在します。
グループは、完全治癒。
ガン細胞を綺麗に省き、健康な身体を取り返すというものです。
ガンは命を奪う病気ですから、さすがガンの治療は「生命の維持」につながります。
副作用という脅威はありますが、それに耐えれば完全に直る可能性もあるのです。
2つ目の目的は、延命です。
ガンという病気は、100%癒える保証はありません。
そうして、治癒しない場合はいずれは命を落とします。
状況によっては治癒が不可能な状況になり、患者の寿命が向かうケースもあります。
そんな時、抗がん剤の投与はまったくの無意味な行為になるかというと、そんなにとは限りません。
ガン細胞をできるだけ燃やす事で、進行スピードを遅らせる事ができます。
これによって、何も対策を施さない場合より長く生きる事が出来るのです。
どっちみち死ぬ運命も、それまでの時間が長ければ長いほど、思い残しを減らせます。
また、大切な人と明かす時間を繰り返す事もできますし、趣味に書き込める時間を延長する事も可能です。
延命はあんまり無駄口ではありません。
もう1つは、手術治療の補助です。
ガン治療において、手術はハイリスクハイリターンです。
ただ、もしも手術も取り除けない位置にある場合は、ノーチャンスとなります。
また、あんまりガン細胞が多いと、手術時間が延び、患者の体力が持たなくなります。
そこで、こういう場所のガン細胞を先に抗がん剤で治療し、手術に臨むという方法が採られます。
副作用との兼ね合いもありますが、よく採択受ける方法の一つです。

抗がん剤の効能とリスク

ガンという病気は非常に厄介で、完全に直す事が極めて難しいとされています。
手術や抗がん剤で完璧に取り除いたと思っても、まだまだ残っていたり、他の場所に転移していたりするからです。
こういった事態は、どれだけの名医であっても起こり得ます。
また、ガン細胞の場所によっては、手術で取り除けないケースもあるなど、何だか綺麗に除くのが耐え難い病気です。
抗がん剤もまた、完全治療法ではありません。
非常に強力な副作用があるのに、効果は保証されないからです。
ひと度、ガンの種類によって効き易いケースとそうでないケースに分かれます。
小児ガンや悪性リンパ腫、骨髄性白血病などの場合は、案外効果が現れやすいと言われていますが、肝臓ガンや腎臓ガンなどの場合は全然効果がないと言われています。
従って、とりあえず抗がん剤がどれほどの効果を期待出来るガンなのかという事を医師から聞いておかなくてはなりません。
かりに効果が期待出来るケースであっても、どこまでの効果が期待出来るかというのは、憶測の域を出ません。
期待値として、パーセンテージや生存期間を話しられますが、それも確約されたものではありません。
副作用というリスクがある中で、ほとんど治療が期待できない抗がん剤を投与するというのは、推奨出来る行為とは言いにくいです。
ただ、こういった現実を踏まえた上で、自分は絶対に直すという力強い意志がある場合は、投与する価値はあります。
直る確約がないは、逆に言えば悲惨状況でも絶対に治らない保証も弱い、という事です。
抗がん剤の効能は、人によって医師が驚くほど伸びるケースもあります。
そのリスクとリターン、両方を十分に感じる必要があるのです。

抗がん剤治療の判定


病気の種類や状況にもよりますが、抗がん剤はそんなに効果が出る薬ではありません。
再び個人差というのもあるので、同じ種類のガンであっても、おんなじ効果を発揮してもらえる保証はありません。
副作用という恐ろしいリスクがあり、お金もかなり加わる抗がん剤ですが、今の所はそれに見合う効果を確約しているわけではありません。
では、その中でどうして抗がん剤の効果を見極めて行くのでしょう。
真に現在使用している抗がん剤に効果があるかどうかという判定は、1~2ヶ月の間で行われます。
通常はひと月投与し、ガン細胞を検査して、減っているか、あるいは変わっていないのか、増えているのか、というときの変化を見る事になります。
ガンの治療判定にはガイドラインがあり、そのガイドラインに沿って判定するのが一般的です。
もちろん、判定するのは医師ですが、医師の説明を理解する為にも、ガイドラインについて知っておいて損はありません。
基本的に、抗がん剤の効果の判定は平凡治療か非平凡治療かで分かれます。
平凡治療の場合、判定基準は主に4通りあります。
ガンの腫瘍が消失し、その状態が4週間以上継続された場合は、「CR(完全奏功)」と判断されます。
これはすなわち抜群の効果があり、ガンの腫瘍を取り除けた事を意味します。
次に、腫瘍の最長径の和が30%以上縮小した場合には、「PR(部分奏功)」という判定が下されます。
これは一定の効果があり、治療として継続すべきという判断になります。
上記の2つを満たさない場合は、「SD(安定)」とみなされ、治療の続行は医師との相談が必要となります。
そうして、抗がん剤を使用しているのに、腫瘍最長径の和が20%以上増加している場合は、「PD(進行)」とみなされます。
副作用のリスクを冒してまで使用しているのに悪化しているケースです。