便秘とは


便秘を知らない人はいないでしょうが、正確にはいかなる状態を便秘というのでしょうか。
一般的な定義では「排便が順調に行われない状態」のことを言います。
つまり、快便ではない人はすべて便秘と言えるのです。
ではあまりにも範囲が広すぎますから、その人は排便習慣について排便が異常に遅延した状態と位置付けるのが最もよいでしょう。
排便の回数が少ない、便の量が少ない、水分が少ない固い便、残便感、腹部の張った感じなどを総合的に判断して便秘と言うのです。
言い換えれば自然な排便ではないということです。
なので自然な排便の意味が重要となります。
勿論、排便の習慣は個人差が大きいですから、どの状態が正常かということは一概には言えません。
3日に一度の排便であっても、規則正しく排便されて、すっきりとするのであれば便秘ではありません。
また、毎日排便があっても、スッキリ断ち切るのであれば便秘なのです。
イメージとしては毎日排便しないと便秘ものの気がしますが、そうではないのです。
年齢と便秘の関係は密接にあります。
また、男性と女性の差も大きくなっています。
初々しい男性それでは便秘となる人は滅多にいませんが、初々しい女性には便秘の人がたくさんいるのです。
そうしたら、年齢が登るによって、便秘の人が多くなります。
全年齢にわたって、女性の方が男性よりも便秘になる人が多いようです。
それは、体の構造に関係していると考えられます。
便秘になるということは胃腸の働きが十分ではないということだから、何とか解消したいものですね。

便秘の悩み


便秘は酷いものです。
多くの人が悩んでいます。
排便は動ものの機能の一つです。
それがスムーズでないということは、健康ではないとしていいのです。
単なる悩みということではなく、できるだけ手早く解決する問題なのです。
あなたは便秘になっていますか。
今はそうではなくても、便秘になったことがあるはずです。
体調が悪かったり、食事のバランスがよくなかったり、運動不足だったりすると便秘になります。
便秘そのものは心配することはありませんが、その原因を解消することが大切です。
便秘の解消法はインターネットなどで比べることができます。
私たちの体は調子が悪いときに、自覚できるようになっているのです。
便秘は病気ではありません。
そのこと自体を苦しむ必要はないのです。
女性はダイエットなどをすることが多いようですが、それは便秘の原因にもなります。
便秘になることで、再度腸の働きが悪くなるのです。
長期間便秘の場合はおなかが張ったり、酷い時折吐き気や発熱を伴ったりすることもあるのです。
健康に注意しておけば便秘になることは僅かでしょう。
便秘のための特別なことをするのではなく、体を健康に保つことです。
いかなることをすれば健康に良いかは、常識レベルのことで構いません。
便秘を安易に解消しようとして、便秘薬を服用することはいまひとつ済むことではありません。
その時はいいかもしれませんが、またおんなじことになるのです。
便秘の原因を明確にして、それに対応するようにしなければなりません。

便秘は病気か

皆、別に女性は便秘に悩んでいると言われています。
何日も排便ができずに苦しんでいる人は多いようです。
そこで便秘のことを何気なく考えないようにしたいものです。
便秘自体は最適としても、病気が原因で便秘になるケースもあるからです。
便秘の症状と共に顕れることに気をつけましょう。
過敏性腸症候群は便秘や下痢などが数か月も貫く状態です。
腹痛を伴います。
排便をすることによって、楽になります。
検査を通しても特別な病気の兆候は見られません。
緊張によって急に便意を催す特徴があります。
これを我慢すると状況はもっと悪化します。
そうしたら大腸がんです。
これは大腸の内壁に腫瘍ができますから、便の通り道をふさいでしまいます。
便が極端に細くなってしまうことが特徴です。
自分の便を見ることによって、簡単に判断出来るのです。
そうしたら、腸閉塞です。
これは周期的に力強い腹痛を伴います。
その名の通り腸が詰まってしまった状態です。
解消するまでは食事を制限しなければなりません。
腹痛のほかに吐き気がして、食べものを吐き出すこともあります。
直腸がんも大腸がんと同じような症状となります。
便秘になる原因に心当たりがないのであれば、ひとまず病院で診てもらう方がいいでしょう。
病気になってからでは鈍いのです。
毎日の快便が健康のバロメーターであるとして下さい。
無論、排便の周期は個人差がありますが、朝食後にトイレに行きたくなるのは腸の働きが正常であることの証です。
女性は恥ずかしがってトイレを我慢する傾向にあるため、便秘になって仕舞うこともあるのです。