花粉症はアレルギーです


花粉症はアレルギー性疾患の一つだと言われていて、アトピー性皮膚炎、喘息と同じ分類に区分けされます。
アレルギーについてですが身体に侵入してきた異もの(ここでは花粉)を退治するべく身体が防御反応を起こします。
通常は単なる防御反応ですが稀に反応が過剰にのぼる事があり、アレルギー反応として出て来てしまうのです。
その過剰反応(アレルギー反応)がくしゃみや鼻水、涙という花粉症独特の症状として出て来るのです。
アレルギー症状を引き起こしている原因となっている物質をアレルゲン(抗原)という様に呼んでいます。
アレルゲンにはなんだかんだ有りますが花粉症の場合はスギやヒノキやブタクサの様な植ものの花粉に値します。
花粉は粘膜が有る場所、目や鼻になりますがそこから入りこみ易くなっている為、粘膜が見て取れる目や鼻に集中して花粉症の症状が出やすくなるのです。
人の身体は可愛らしく出来ていまして外部から入ってきたアレルゲンを体内で抗体を作って守ろうと抵抗をします。
花粉症の場合、抗体は「IgE抗体」という名前の抗体になるそうです。
誰もが平等にIgE抗体が体内で仕上がる訳ではありません。
個人差が有るのです。
抗体が作られ易い体質がアレルギー体質という事になるみたいで、抗体が作られにくい体質は外部からの異ものに対して過剰反応しない為、アレルギー症状が出ないのです。
そういった抗体は花粉症以外にもアレルギー性鼻炎、喘息、アトピー性皮膚炎等とも関わりがあるのです。
ですから、毎年頭位には花粉予報が発表されてその年の花粉飛散量の目安が出ます。
花粉予報を見て対策を講じるなどください。

アレルギーと免疫


毎年春が近付いてくると問題が花粉症だと思います。
花粉予報を見て「今年は去年の○倍」という花粉予報が立てられてガッカリした事はないでしょうか。
花粉症と言うのは身体に生じるアレルギー反応の1つになります。
また身体には身体の健康を続ける為に「免疫」というのが備わっています。
この「アレルギー」と「免疫」ですが本当は仕組みは一緒だって知っていましたか?
身体は体内に入ってこようとする異ものを外へ追い出そうという仕組みが備わっています。
体外から侵入してきたアレルゲン(抗原)を体内で抗体を作り守ろうとします。
この抗体をIgE抗体と言います。
これが数年間続いていって抗体もジャンジャン体内に蓄積していきます。
そうして抗体の量が一定以上になったとき、アレルゲンが入ってきたら抵抗せずに違う反応をしてしまうのです。
この違う反応が身体において良い反応である場合は「免疫」と可愛い、酷い反応の場合は「アレルギー」となるのです。
免疫は人間が病気にならない様に身体を守ってもらえるものになります。
花粉はどうも無害です。
その花粉に過剰に反応してしまう事で不快症状が現れてしまうのがアレルギーなのです。
昔は人間の身体にも寄生虫がいました。
これを免疫機能で排除していたのですが、今は寄生虫ばっかりいない為か、免疫機能が発せられる機会を失い、無害な花粉に対して反応を起こす様になったのではないかと言われています。
ですから免疫とアレルギーは機能的には同じなのです。