認知症の予防


認知症が発症する危険因子をなくして行くことが、認知症の予防につながります。
認知症の大部分を占めるアルツハイマー型と脳血管性の認知症を予防すればほとんどの認知症を予防出来ることになります。
とりわけ脳血管性認知症についてです。
脳の血管の中で障害が起こることによって引き起こされます。
脳の血管に影響を与える病気としては、脳梗塞や脳出血、くも膜下出血、血栓症や脳塞栓症などがあります。
これらの病気の危険因子として見えることは、肥満や運動不足、飲酒や喫煙などの務め、塩分摂取などです。
従って適度に運動を通してデブを改善して、適度な飲酒、適度な塩分摂取を心がけ、喫煙をやめれば好ましいことになります。
高血圧や高脂血症、糖尿病などの患者にも発症しやすいため、これらの病気を治すことが認知症を予防することにつながります。
次にアルツハイマー型認知症についてです。
遺伝因子と環境的因子があります。
環境的因子の一つとして食生活を見ていくと、食習慣として1日1回どうしても魚を採り入れるようにしている人の方が発症率は酷いことがわかっています。
野菜や果ものの摂取を数多くしている人も発症率がちっちゃいです。
野菜に含まれるビタミンやカロチンなどの効果によるものです。
ワインも赤ワインにおいているポリフェノールの影響で週1回ワインを飲み込む人と大いに飲まない人では、飲んでいる人の方が発症率は安いことがわかっています。
適度な運動も発症率を押し下げる効果があり、週に3回以上運動している人はしていない人に対して認知症の発症率が半分近くも低くなっています。
これらのことを意識して生活していくと、認知症予防に効果があると思われます。

周辺症状

認知症になるとどうしても言える症状と、それらの症状がもとによる周辺症状に分けられます。
周辺症状はしっかり言えるわけではありません。
周辺症状は人によって個人差があります。
周辺症状として「妄想」があります。
勝手にもの事を想像して被害妄想を抱いたり、他人や家族に対して一方的に嫉妬妄想を抱いたりすることがあります。
たとえばものがなくなって自分が探せないだけで誰かが自分への嫌がらせのために隠したと思い込みます。
これらの妄想被害や嫉妬は身近な存在である家族に対してもたらすことが多いです。
次の症状は「幻覚」です。
幻聴と幻視がありますが認知症では幻視の方が多いです。
他の人に見えないものが見えていることが多く見られます。
「不安」症状。
今までできていたようなことができなくなるため、不安に陥ります。
自分が認知症であるという認識を完全に持つことはありません。
しかしながらもの忘れなどの障害を認識することはできるため、焦りや不安を感じるようになります。
「依存」症状。
不安によって自分ひとりではできないと逆に他人に依存することが多くなります。
またひとりでいることに不安を感じて落ち着きが無くなり、家族の後をついて現れるといった症状がみられます。
「徘徊」症状。
今までわかっていた道などもわからなくなり、だんだん迷子になるようになります。
重症化すれば無目的であるく徘徊が多くなります。
「攻撃的」症状。
本人の行動を注意すると怒ったり、説明を一概にしないで着替えさせたり入浴させたりすると怒ったりします。
「抵抗」症状。
介護受けることに対して抵抗する人が多いようです。
単に入浴を介助受けることに一番抵抗が手強いようです。
「抑うつ」症状。
何をするにも意欲がなく、練り上げることも遅くなるといったうつ状態ものの症状がでます。
「異食」症状。
石鹸やティッシュなど普段口に入れないようなものを入れて食べようとします。

せん妄との違い


「せん妄」とは、急性脳障害によって一時的に繋がる軽々しい意識障害です。
意識混濁状態になり理解力や判断力がなくなって、妄想や幻覚症状が現れて興奮状態になります。
アルツハイマー型の認知症ではこのせん妄症状が現れることがあります。
但しせん妄の人と認知症の人では違いがあります。
せん妄の人の場合、一日の中それでもその症状の出方に違いがあって変化が凄いです。
せん妄の人はもの事をしっかりと理解して頭がはっきりとしたときのときと、そうではないときのときがあります。
基本症状を比べてみると、せん妄の場合は意識障害、幻覚や運動障害がしきりに見られます。
認知症では、記憶障害と認知障害が見られます。
発症の出方を比べてみると、せん妄の場合は急激に発症しますが、認知症の場合は段階を踏んでもうすぐ症状がでて来る。
動揺性を比べてみると、せん妄では同様が頻繁で殊更夜間に悪化しますが、認知症では少しだけでほとんどありません。
これらの症状はせん妄では数日から数週間持続するだけなのに対して、認知症では永久的に持続します。
不眠については、せん妄では覚醒リズム障害があるのに対して、認知症ではほとんどありません。
せん妄は薬や環境の影響によって発症することがありますが、認知症では薬も環境も関係ありません。
一見間違われそうなせん妄と認知症ですがこのような症状の違いがあります。
認知症だと信じ込むのではなく、症状がみられたら専門医の診断を受けるようにして適切な治療を受けましょう。