検査方法


スギであれヒノキであれブタクサであれ、花粉症ときちんと診断するには検査をしなければなりません。
花粉症の検査はアレルギー検査として血液検査と皮膚検査をします。
もう一度花粉症特有の検査も行います。
血液検査はアトピー検査で行なうアレルギー検査と同じです。
血液内の好酸球やIgEや花粉に反応するIgEを取り調べるのです。
皮膚検査では、花粉の成分によって皮膚を幾らかひっかいて行なうスクラッチテストを行います。
樹木はスギやヒノキ、ハンノキ、マツ、カエデ、ブナなど、雑草はブタクサやヨモギ、タンポポやヘラオオバコ、オオブタクサやブタクサモドキなどとても細く特定することができます。
花粉症ならではの検査としては、目の検査があります。
眼脂や結膜をブラシでとってアレルギーを起こす好酸球という白血球がないかを顕微鏡で見ます。
また眼に花粉成分を点眼することで結膜炎になるかどうか確認する試験もあります。
症状を起こす検査なので、陽性の人には些か厳しい検査です。
花粉症ならではの検査として、鼻の検査もあります。
こちらも鼻にアレルギーを起こすディスクを入れて粘膜を観察します。
これはダニとブタクサしかチェックできません。
以上の検査は、花粉の症状がでている時期に行なうことになります。
スギの花粉を検査するのならば冬から春、ヨモギやブタクサなどの花粉を検査するのならば秋となります。
このように検査して花粉の原因を特定することで、的確な対策を考えることができます。

食事


秋、ブタクサ花粉のシーズン、花粉症として食事にも注意しましょう。
花粉症の症状が現れた場合控えた方が好ましいもの、花粉症にいい食事などを紹介します。
花粉症のアレルゲンはスギやマツ、ブタクサ、様々あって人によっても違いがあります。
花粉症の仕組みとしては、体の免疫機能が弱っているときに鼻やのどや目から花粉を取り込むと異ものと感知して「抗体」が反応しヒスタミンを放出します。
このヒスタミンが粘膜や神経を刺激することでくしゃみや鼻水やかゆみなどの症状がでるのです。
花粉症のアレルゲンは花粉のため、食べものが原因として花粉症を発症することはありません。
けど体にストレスを抱えていたり食事をちゃんととっていなかったりすると自立神経の乱れによって免疫機能がかしこく働かずに花粉症の症状がでます。
日本人の食事が欧米化してきたことによって、肉類の用量が増えました。
それによって高カロリーで高タンパク質の傾向が強くなってきました。
このような食生活の変化と花粉症の増加と関係があるようです。
脂肪が多い肉類自体がアレルゲンということではありません。
だからお肉を食べてすぐ花粉症になるわけではありません。
長期間に渡り高カロリーで高タンパク質な食事を続けていることで花粉症になりやすいそうです。
他にも加工食品などに入っている食品添加ものも花粉症のアレルギーに影響すると考えられています。
花粉症の症状がでた時折、高カロリーなファストフードや加工品などを避けて、色んな栄養素を摂取できるように広い食事を心がけて下さい。

レモンバームティー


レモンバームティーが花粉症に極めて良い効力を携帯していることが分かっています。
花粉症予防や疲労回復にもレモンバームティーが役に立ちます。
花粉症は春のイメージですが、春はスギを始めとした樹木がアレルゲンとなっているものが多いです。
秋にかけてはブタクサやヨモギなどの雑草が花粉のアレルゲンとなります。
レモンバームティーはスギにもブタクサなどにも効果があります。
花粉症にはしそやミントなどシソ科のハーブに入っているポリフェノールが有効としています。
そうしてレモンバームもこのシソ科の仲間なのです。
レモンバームは抗アレルギー作用においておっきい効果を発揮するそうです。
これはレモンバームに入っているポリフェノール化合ものであるロズマリン酸がアレルギー症状を起こすヒスタミンの過剰な分泌を控える働きがあるためです。
そのため花粉症による鼻づまりなどの症状を緩和することができます。
またこの成分は日課病の原因物質となる活性酸素を除去する効果もあります。
レモンバームにはロズマリン酸以外にもシトラールやシトロネラールやリナロールなどが含まれていてこれらは花粉症による精神的なジリジリを鎮めて得る働きがあります。
レモンバームの効用としては、記憶力を高めて受け取る作用。
疲労防止効果や風邪やインフルエンザなどによる発熱症状や頭痛症状を緩和する効果。
不眠症や神経症を通して来る頭痛や憂鬱感を和らげていただける鎮静作用があります。