食道がんの抗がん剤治療


肺がんや胃がんと比較すると、その数はさほど多くはないのですが、予後が非常に酷く、ガンの中それでも随分強いと言われているのが食道がんです。
基本的に食道がんの場合は、腫瘍が食道という人間の身体において食事をする際に必要な部分にできている為、切除がつきものと言えます。
従って、治療は執刀が中心となります。
主に内視鏡を使用した手術が現在のスタンダードです。
また、放射線治療もかなり前から行われてあり、現在では非常に効果的というデータも出ています。
食道がんの怖いところは、リンパ節へ転移する可能性が非常に高い点です。
リンパ節に転移してしまうと、いっぺんに生存率が低下してしまいます。
その為、早期発見が必要なのですが、初期段階では無症状なので、かなり難しいと言われています。
ただし、早期発見できれば、内視鏡治療によって完治出来る可能性がおっきいガンです。
抗がん剤治療は手術後に立ち向かうのが一般的です。
使用する抗がん剤は、主にシスプラチンとフルオロウラシルの組み合わせです。
胃がんと共に、この組み合わせの効果がおっきいと言われています。
副作用も短い点が魅力ですね。
また、近年それではネダプラチンという抗がん剤が効果がおっきいというデータが出ています。
ネダプラチンは、シスプラチン以上に副作用を抑えられる事から、今後の抗がん剤治療においては主流となる可能性があります。
この他、ドセタキセルという抗がん剤の利用も近年それでは研究されています。

大腸がんの抗がん剤治療

大腸がんは、現在数あるガンの中それでもトップクラスの死亡数を記録する非常に厄介なガンです。
主な要因は飲酒、肥満で、喫煙も要因の一つと言われています。
更に年齢があがるにつれて大腸がんとなるリスクは継ぎ足し、55歳以上の人には気配の良いガンとなっています。
副作用に関しても、年齢の上昇に従い、体力的な問題もあって厳しくなって出向く事から、リスクは上がっていきます。
また、一気に手術で治癒し易いガンと言われています。
早期発見の場合はかなりの確率で完治出来るので、手術による切除が一般的ですが、手術が耐え難い位置に腫瘍ができた場合は抗がん剤治療となります。
しかし、ガンの中それでは抗がん剤が威力を発揮しづらい部類とも言われています。
そういう大腸がんの抗がん剤治療ですが、近年ではNEW組み合わせの抗がん剤によって飛躍的に成果が上がった例も存在しています。
元々はフルオロウラシルとレボホリナートカルシウムを組み合わせた、「5-FU/l-LV」療法が常識でした。
但し近年においては、この組み合わせに加えてオキサリプラチン、或いはイリノテカンを追加するケースが増えています。
また、ベバシズマブを使用するケースも増えています。
ベバシズマブは、再発や進行度合いの恐ろしい場合に通じる一方、高額である事や副作用が非常に凄い事が問題視されています。
これらの他にもいくつかの抗がん剤が試験されており、現在においては研究段階の状態ですが、近い将来劇的に進歩する可能性はあります。

腎臓がんの抗がん剤治療


ガンの中には、抗がん剤では総じて完治が不可能というものもいくつかあります。
その中のひとつが、腎臓がんです。
抗がん剤による副作用を心配しなくて可愛い一方、治療の選択肢が狭まる事になります。
腎臓がんは、基本的に男性の発症が多い病気です。
とにかく50~60代が多い一方で、若年層が発症するケースも増えてきています。
主な発症原因としては、喫煙や金属加工や塗装工作の過程で発生する化学もの質の吸引が挙げられています。
腎臓の性質上、老廃もの、有害もの質といったものが体内に潜り込む事が大きなリスクになるようです。
また、人工透析を通じている人も、腎臓がんになる不安をはらんでいると言われています。
腎臓がんの場合、手術による外科的除去が一般的な治療方法となります。
抗がん剤では前述の通り完治させる事は困難なので、主に転移した場合などに使用されます。
腎臓がんはリンパ節や肺に転移する事が多いですが、そういったケースではインターフェロン・αが使用わたるようです。
また、近年まずはソラフェニブ、スニチニブといった初々しい抗がん剤も使用されています。
これらの薬は使用されて依然時間が経ってない為、副作用の症状が固定されていない点が今後の課題となっています。
腎臓がんは、腫瘍が出来る位置によって大きく生存率が変わってきます。
また、腫瘍の位置によっては腎臓そのものを摘出するケースもあります。
腎臓は二つあるので、一つなくなっても機能する事から、摘出手術の頻度はそれほど高いようです。