悪性リンパ腫の治療方法その1


悪性リンパ腫と診断された場合には、どのような治療方法が無くなるのでしょうか?
基本的には、予後因子などを元にして、患者と主治医で相談して進めて行きます。
悪性リンパ腫の主な治療方法として、下記のものがあげられます。
特に、可愛らしく耳にしているガンの手当だと思いますが、化学療法です。
これは、みなさんもご存知の、抗がん剤を使っての治療です。
抗がん剤は、DNAに作用して、細胞分裂をさせないようにし、細胞を殺します。
ガン細胞とは、DNAの異常であり、アポトーシスと呼ばれる、細胞の自殺を行わず、永遠に分裂を繰り返しているガン細胞です。
これを、殺すために抗がん剤を使っての化学療法です。
心残りことに、この手当は、正常な細胞にも影響を与えて仕舞うため、副作用が伴います。
細胞分裂が活発な細胞を攻撃しますから、頭皮の毛根細胞なども攻撃対象になってしまいます。
攻撃された毛細細胞はダメージを受け、抗がん剤の副作用で髪の毛が抜けてしまうのです。
造血に関する病気ですから、白血病において、抗がん剤が全然効果的だと言われています。
悪性リンパ腫に取り扱う、抗がん剤治療の中それでは、20年以上前から「CHOP療法」という治療が収拾しています。
CHOP療法とは、4種類の薬、それぞれの頭文字を取って垂らしられた名前です。
通常は、1クール3週間というスタンスで、6クールから8クール、実施します。
20年以上、この療法が収拾されているいうことは、現代まで全然進化が見られないということにもなりますよね。

悪性リンパ腫の治療方法その2

また、新しく認可された薬もあり、2001年からリツキサンが日本で認可されました。
ゼバリンという薬剤も、海外において臨床試験中ということです。
また、リツキサンと併用して扱うことで、より高い効果が得られると言われています。
リツキサンとは、CD20が陽性のB細胞だけを攻撃する新薬です。
日本では、2001年に認可されました。
副作用の少ない薬と言われています
リツキサンだけの治療は、1週間毎に4回、実施することになっています。
また、化学療法と共に取り扱う場合は、化学療法の投入時期と共になります。
リツキサンは、効果が出ている一方、全ての人に効果が出ているわけではありません。
そうして、長期的効果は、引き続き不明と言われています。
やはり、従来の抗がん剤と比べると、副作用が少ないのですが、時折、高熱を醸し出したり、間質性肺炎を起こしたりに関してもあります
効果的薬であるため、体内のガン細胞があまりにも多い状態でリツキサンを使用すると、ガン細胞がいっぺんに殺されてしまいます。
そのため、腎臓で処理が滞ってしまい、腎臓障害が起こるケースもあります。
さて、悪性リンパ腫のやり方には、放射線治療というものもあります。
これは、患部に放射線をあてるというやり方です。
簡単に言ってみれば、細胞の中にあるDNAに直接作用して、細胞分裂を繰り返し、増加する能力をストップさせるのです。
放射線は、中でも悪性リンパ腫において反応性が高いので、現在、有効な治療方法と言われています。

悪性リンパ腫の治療方法その3


それでは、どんなときの場合、放射線治療が効果的のでしょうか?
これは、悪性リンパ腫の中けれども、リンパ節の腫れが1箇所であるケースや、化学療法をした後、最後に残る部分があるケースは、放射線治療をします。
放射線を射止めるということは、被爆するということだから、場所によって向ける容量は決まっていて、それをオーバーすることは出来ません。
放射線治療は、患部に規則正しく引き当てることが出来ます。
ですが、化学反応を起こさせるということは、体内に炎症が起こるということです。
ですから、副作用は、治療部位や、たまに全身に及びます。
さて、悪性リンパ腫の治療方法で、造血幹細胞移植というものがあります。
これは、自家造血幹細胞移植、または、自家抹消血幹細胞移植です。
では、どんな移植なのでしょうか?
自分の幹細胞や、抹消血を採取してから、ろ過します。
そうして、ガン細胞を省き、キレイにして、再投入することです。
ガン細胞を取り除いたと言っても、これは100パーセントなくなったという保障はありません。
この移植は、事前に超大量化学療法、また、全身放射線において、骨髄を空にしておく必要があります。
この事前処置ですが、おわかりのようにだいぶ恐ろしい処置です。
骨髄を空にするということは、骨髄の機能が一時的にストップすることですし、また、手術後、その機能が完全に戻らないケースもあります。
ですから、体に大きな負担も要る方法ですよね。

悪性リンパ腫の治療方法その4

また、先ほどお話したように、摂取した血液から、完璧にガン細胞をろ過するわけではありません。
完全にぶち壊すのは不可能だと思われますので、100パーセントの確率ではない、と言うのです。
ですから、流石、再発する危険性もあります。
ですが、寛解の状態においては、この移植をしたのならば、再発は少ないと言います。
寛解とは、ガン細胞が確認できなくなったときのことを言い、悪性リンパ腫において完治という言葉が使われないため、このように言います。
再発が少ない、この希望を所持して患者さんは移植を受けるのでしょう。
また、悪性リンパ腫の移植で、同種骨髄移植というものがあります。
これは、ドナーの骨髄を投入するケアです。
今し方、説明しました、自家造血幹細胞移植において、移植の前には、超大量化学療法や、全身放射線を通じて、骨髄を空にしなければなりません。
他人の骨髄を移植するので、やはり、拒否反応は起こります。
これは、他人の白血球が、移植を受けた体を攻撃して仕舞う状態です。
白血球はがんらい侵入してきた異ものを撃退するようになっています。
GVHDと呼ばれている、拒絶反応が出てしまうのです。
GVHDは、ガン細胞を殺し、再発を予防してくれますが、長期間にわたって自分の体を「異もの」として攻撃するケースもあります。
ですが、逆にGVHDが起きなければ、悪性リンパ腫が再発する可能性も少なくなるのです。
この拒絶反応さえ起こさなければ、治癒状態に近付けるのだと思います。