漢方と五行説


漢方の発祥した国、中国では「五行説」という考えがあります。
「五行説」とは、方位、季節、色、人体、心理状態など、宇宙に存在する全てのものを5つの要素に分け、それぞれが手つだいあったり、打ち消し合ったりしてバランスを持ち、その人脈によって真新しい現象が起こるという考えです。
5つの要素はどれか一つでも欠けたら成立しない基本物質です。
この基本物質が「五行」と呼ばれ、「木・火・土・金・水」から成っています。
「木」は柔軟にのさばる性質で風の気、「火」は炎のように瞬発的に上昇する力で暑の気、「土」は万ものが生まれて舞い戻る豊かな力で湿の気、「金」は金属という重厚さや秋の乾燥した空気から燥の気、「水」は過ぎ行き浸す性質で水の白々しい季節から寒の気を表しています。
この五行はお互いの作用を促進する相生関係と、作用を抑制する相克関係という二つの関係によってバランスを保っています。
漢方まずはこの法則を人体の五臓の機能に当てはめて、「肝水」「心火」「脾土」「肺金」「腎水」とし、五臓のバランスの取れている状態が健康であると考えます。
また相生関係と相克関係が乱れていると様々な不調が起きると考えます。
たとえば「便秘で肌がただれる」というように、一見関係のないものそれでも類似性から5つに分けて当てはめていくと、それぞれどのように影響しているかが見えてくるというのが「五行説」です。
「五行説」を医学に応用したものが東洋医学であり、現在の漢方はこの考え方を基本としています。

漢方と食性


漢方は自然から生まれた漢方薬によって病気を治しますが、食べものにも薬のように体を健康に招く働きがあります。
漢方の食養生法では食べものの性質や味の組み合わせを大切にします。
漢方まずは食べものに「熱性」「温性」「平性」「涼性」「寒性」の5つの性質があり、この性質を「食性」、5つの性質を「五性」と呼んでいます。
食性はその食べものが身体にどんな作用をもたらすかを表しています。
「熱性」「温性」の順に暖める性質は深く、「寒性」「涼性」の順に冷ます性質が強くなります。
「平性」はどちらでもない食性です。
「熱性」「温性」の食べものは内臓を暖めることによってその機能も活発になります。
そうして血液の流れがよくなり、身体が動きやすくなります。
また「気」のエネルギーが増強し、「血」が高まり、汗をかいて新陳代謝も活発になるため、体内の水分バランスを整える効果もあがります。
「熱性」「温性」の身近な食べものには、玉葱、韮、生姜、桃、海老、葱、ニンニク、クルミ、酢、シナモン、トウガラシなどがあります。
一方、「寒性」「涼性」の食べものには、体内で発生するさまざまな熱を抑えて血液を浄化し、解毒する働きがあり、利尿を促進します。
身近な食べものにはセロリ、アサリ、茄子、トマト、胡瓜、牛蒡、冬瓜、梨、ほうれん草、牡蠣、はと麦、大根などがあります。
温性にも寒性にも偏らない食べものにはジャガイモ、グリーンピース、椎茸、人参、春菊、卵、キャベツ、蜂蜜などがあります。

漢方と心の不調


漢方で心の不調は「気・血・水」のバランスの乱れと捉えられます。
心の不調とは、身体にどこも悪いところはないのに、心が穏やかでない状態が貫くことをいいます。
わけもなく苛苛する、怒りっぽくなるなどの症状は、ストレスによって「肝」の機能が壊れ、「気滞」の状態になっていると考えられます。
本来「肝」はストレスに対してクッション的役割を通していますが、過度な負担がかかると「気」や「血」の流れを滞らせてしまい、怒りなどの感情を爆発させやすくなるため怒りっぽくなります。
「気滞」タイプだけでなく、「血虚」タイプの人もジリジリの症状が起こり易い人です。
このタイプは何よりいつも気分が憂鬱で、何事においても心配性です。
また不安や自己否定など不安定な心の状態もよく見られます。
漢方それではこれは気持ちを穏やかにする「血」が足りないことが原因と考えられます。
また、ラクラク焦せったり、ものつらい気持ちになるのは、身体が冷えを感じていることが原因と考えられます。
このような心の不調を感じている別途、日頃から「血」を償う食材を積極的に用いることが大切です。
ひじきやほうれん草、人参や実、種などの食材が効果的です。
ジリジリするときに心を抑える食材として、蓮の実や白きくらげがあります。
胃腸の調子を集めるため食欲が増進し、心も元気にしてくれます。
また心の不調には心機一転も効果的です。
さわやかな香りのあるハーブや香味野菜などを用いることもお勧めです。