悪性リンパ腫はガンの一種


みなさん、ガンという病気はご存知ですよね?
ガンには、だらだらあり、みなさんも病名はいくつかご存知のことでしょう。
たとえば、子宮頸ガンや、乳ガン、子宮ガン、または、卵巣ガンなどがあります。
また、膀胱ガンや、子宮体ガンもあります。
そうして、胃ガン、肺ガン、大腸ガンなどもあります。
このようにガンには、総じて「ガン」という名称が付きますよね。
では、悪性リンパ腫とは、ガンという名称は含んでいませんが、ガンではないのでしょうか?
悪性リンパ腫については、ガンという言葉が入っていなくても、ガンなのです。
これは血液のガンで、リンパ系に発症するガンとしています。
また、悪性黒色腫、脳腫瘍もガンという言葉は使われていないものの、ガンの一種です。
他のガンと、血液のガンは違う性質であると言えるでしょう。
ガンは、一般に手術して奪うようですが、悪性リンパ腫などの場合、血液を全部、取るわけにはいきませんよね。
これらの病気の場合、血液内科で治療することになりますが、現在では、化学治療や、骨髄移植などで癒えるケースもあります。
癒える人がいると行っても、残念ながら、全員が完治するわけではありません。
ですが、医学はこれからも進歩し続けていく分野であることは間違いありません。
ガンと診断されても、悲観せず、自分に当てはまる方法を担当医と共に見つけて行きましょう。
日夜、進歩していますから、昔と比べてみると、大いに生存率が高くなっていると言えるでしょう。

悪性リンパ腫の生存率

みなさんもご存知のように、ガンには、その段階によって、いくつかのステージに区切られています。
ガンの進み具合によって分けられていると言っても良いでしょう。
血液がガンに侵されてしまう、悪性リンパ腫というガンですが、これも同じようにステージがあります。
このステージは4つに分けられています。
最初の段階、1期はリンパ節領域がグループだけ、侵されているケースです。
2期になりますと、上半身か、下半身の、どちらかの2ヶ所以上のリンパ節がガンに侵されているケースです。
そうして、上半身、下半身、両方のリンパ節がガンになってしまっているケースは3期となります。
最終段階の4期は、そのガンが臓器や、血液中、または骨髄に広がってしまっている場合です。
一般に悪性リンパ腫の生存率は、他のガンと比較しても良いと言われています。
では、それはどうしてでしょうか?
それは、悪性リンパ腫の治療方法が確立されていることにあります。
悪性リンパ腫の中それでも、ホジキンリンパ腫だと診断された場合、その生存率はどれくらいなのでしょうか?
その1期においては、この先5年、生存している確立は90パーセントと言われています。
また、2期になると、80パーセントから90パーセントです。
3期においては50パーセントから80パーセントです。
そうして、4期でも、40パーセントから70パーセントの生存率だと言われています。
ですから、悪性リンパ腫のステージが進んでいたとしても、悲観することはありません。
ふさわしい治療法を一日も少なくスタートさせることです。

悪性リンパ腫の生存率続き


一方、非ホジキンリンパ腫だと診断された場合、その生存率はどうでしょうか?
ガンが、どのタイプの性質であるかで、その生存率は違ってきます。
低悪性度とは、年単位で次第に進行するガンのことを言います。
また、中悪性度とは、月単位でガンが進行するような、割と素早い場合です。
そうしたら、高悪性度とは、週単位でガンが進行するくらいの、極めて速い進度と言えるでしょう。
これらのタイプによって、生存率も違います。
その生存率は、低悪性度であった場合、1期と2期の5年、生存率は70パーセントから90パーセントという、ここでも良い数字が出ています。
3期、4期では、50パーセントから70パーセントなのです。
では、中悪性度のもの、高悪性度のものになると、どうでしょうか?
1期、2期ですと、とにかく70パーセントから90パーセントです。
3期、4期ですと、40パーセントから50パーセントとなっています。
これらの生存率は、飽くまで参考ですが、でも他のガンより高い生存率ですよね。
もちろん、悪性リンパ腫の生存率は、また、再発した場合の生存率は、悪性度や、ステージ、患者さんの体力や状態にも関係しています。
悪性リンパ腫の場合、抗ガン剤を使うことによって、耐性が低下します。
ですから、予後も再発の心配がありますし、感染も心配されます。
万が一、悪性リンパ腫が再発してしまった場合、ますます多い量の抗ガン剤を使うことになります。
ですから、体へ大きな負担をかけて仕舞うことになりますね。

悪性リンパ腫の診断

みなさんは、血液の悪性三大疾患ってご存知でしょうか?
それは、白血病、悪性リンパ腫、そして、多発性骨髄腫です。
これらはすべて癌であり、悪性リンパ腫はリンパ球が癌になって仕舞うことです。
また、白血病は骨髄の造血幹細胞が癌になった状態です。
そうしたら、多発性骨髄腫は骨髄の形質細胞が癌になった状態なのです。
血液悪性疾患という病気は、癌になった部分によって名称が付けられています。
これらの、血液悪性三大疾患は、その施術において共通性があり、放射線、抗がん剤による治療が行われています。
小児や子供が陥るケースもありますので、専門機関での受診が望ましいでしょう。
では、血液の悪性三大疾患のひとつである、悪性リンパ腫は、どうして診断わたるのでしょうか?
それは、生検と呼ばれている検査方法によって診断します。
腫れているリンパ節がある場合、その一部を摂取します。
そうして、その組織を確認する方法です。
次に、どれくらい体にガンが広がっているか調べます。
CTや、腫瘍マーカー、また、超音波検査です。
もっと、悪性リンパ腫だと診断された後は、血液検査を行います。
そうして、放射線治療にするか、抗悪性腫瘍薬を使うか、腫瘍の種類によって施術が決められます。
悪性リンパ腫は、その種類が沢山あるため、患者の状態をちゃんと把握しないと、適切な治療が出来ません。
それだけ、悪性リンパ腫には多くの種類に区切れるのです。
進行の速さで3タイプに分けられていて、当然ながら、治療方法もタイプによって異なります

悪性リンパ腫の診断続き


悪性リンパ腫の場合、属するタイプが何になるのか、確認し、治療方法を、医師と共に考えて行きます。
病気の進行が鈍いタイプには、小細胞性リンパ腫や、形質細胞リンパ腫、また、濾胞性リンパ腫があげられます。
そうしたら、MALTリンパ腫、また、菌状息肉腫もそうです。
これらは低悪性度タイプだと言われています。
病状は年単位で、かなり遅めに進行しますから、症状もたまにしか見られません。
月単位で進行するのが、中悪性度の悪性リンパ腫です。
月単位で病状が変化するのです。
たとえば、びまん性大細胞リンパ腫や、マントル細胞リンパ腫がそうです。
また、濾胞性リンパ腫や、血管免疫芽球型、そしたら、さほど聞いたことがない名称でしょうが、鼻型NKT細胞リンパ腫や、抹消T細胞リンパ腫、また、未分化大細胞リンパ腫が、あげられます。
そうして、進行スピードが甚だ速いと言われている高悪性度の悪性リンパ腫があります。
もしも、高悪性度タイプだとわかったら、直ちに治療します。
週単位で症状が変化する、だいぶこわい状態ですからね。
このタイプには、リンパ芽球性リンパ腫や、成人T細胞白血病リンパ腫があげられます。
また、リンパ芽球性リンパ腫や、バーキットリンパ腫もそうです。
このように聞いたことのない病名が沢山ありますが、悪性リンパ腫は、そうして種類が多いことでも知られています。
自分が、万が一、これらの病気だと診断された場合、その種類を見極め、ふさわしいケアをスタートさせましょう。