なた豆茶について

なた豆を原料として作られた健康茶の事を「なた豆茶」と呼んでいます。
なた豆はアジアから中国地方を中心として温帯地方で育つ植もので、マメ科の一年草です。
その形から『刀豆』『帯刀』という様におっしゃる事もあるようです。
なた豆を昔から中国で漢方薬として使われていたもので、日本でははるか昔、清の時代に伝わってきたそうです。
今は日本でも栽培されており、薩摩地方で特に盛んに作られているそうです。
その薩摩なたまめはなた豆の中けれども品質がいいとして、人気が大きい材料となっています。
そういったなた豆から作られたなた豆茶には豊富な栄養分が含まれています。
たんぱく質、ビタミン各種、食もの繊維、鉄分、サポニン等です。
サポニンって聞いた事が乏しいかもしれませんが働きとしては脂質の過酸化が体内で行われますが、それを抑制して基礎代謝を高めて行く効果が期待出来ます。
またブドウ糖が腸へ吸収されて脂肪へと変化していきますがその脂肪への変化を防止する効果も期待出来ます。
そういった事からダイエット効果やメタボ効果、肥満防止効果等が期待できると言われているのです。
一層食もの繊維が入っている為に便秘解消の期待も出来ますし、新陳代謝が良くなりますので老廃ものも体外へ排出されていくのでデトックス、美肌が期待出来るのです。
なた豆は昔は食用としても利用されていました。
食用の場合は若いさやの時に食べると言われていて薬効が凄いのでそうした事を目的として食されていました。
今は健康食品として食されている事が多いようです。
炒めもの、漬もの等で食べると良いと思いますよ。