なた豆茶を組み立てる際のポイント

なた豆茶の作り方、煎れ方をご紹介してみたいと思います。
一番簡単なのはなた豆茶を買ってきてお湯に閉じ込めるという方法ですが、そうじゃなくなた豆茶を自分で作るという場合には注意点が必要となります。
たぶんなた豆を自分で栽培するとすれば毒性が無くて食用としても大丈夫な「白なた豆」を栽培する様にください。
赤なた豆は完熟したら弱いですが毒性を持ちますので素人では栽培するのは控えましょう。
栽培を絶対に終わりたいのは「たちなた豆」です。
毒性が深く有ります。
ですから自分で栽培するとすれば「白なた豆」にしてくださいね。
また栽培するのは面倒と言うならば乾燥なた豆を購入してみてはいかがでしょうか。
なた豆はお茶の他にも色んな調理法が有りますのでおししく調理してくださいね。
なた豆茶をなた豆から見つける際、豆をよく煎っていきます。
中までしっかりと火が受かる様にしてくださいね。
豆を煎り終えたらフードプロセッサーにかけて細く砕いて下さい。
お茶パックに細く砕いたなた豆を入れて、後は普通にお茶を煎れる様に入れていきましょう。
なた豆は香りが香ばしく、味もまろやかです。
くどいお茶がスキな方は煮出すと良いでしょう。
成分的には濃くても小さくても貫くという事なのでお好みにあわせましょう。
例え何回か使って出がらしになっても効果自体は貫くと言いますからしっかり使ってあげましょう。
老若男女問わず、どなたでもおししくいただけて効果が期待出来るなた豆茶です。
家族で飲んで皆健康体を目指し示しましょう。