お子さんには便秘薬を使わずに

お母さんにとって、子供の便秘は困りものですよね。
自分のことなら心がけたり改善したり便秘薬を飲んだりして、便秘を改善すると思いますが、お子さんの場合、便秘になってしまうと心配で仕方ないと思います。
別に幼児の場合は、何よりも便を出やすくする食生活が一番良いですよね。
ですが、狭い子供は、スキ嫌いもあるだから、お母さんの思い通りに食べてくれないことが多いのではないでしょうか。
食生活で改善すれば良しことはわかっているのですが、些か難しいと思います。
たとえば、便秘に良いと言われているサプリメントのランキングもあります。
それを見て、お子さんに酸化マグネシウムを与えているママもいらっしゃるようです。
ですが、このようなものはお子さんとって、長い期間、続けると良くないと言われています。
長期間、酸化マグネシウムを服用したことで、高マグネシウム血症になるという副作用もあります。
当然、すべての方が副作用に悩まされているわけではありませんが、お子さんに服用させる場合は、容量を守って期間を決めて服用させたほうが良いでしょう。
食生活では便秘に良い食べものランキングですと、やはり、イモ類があげられます。
そうして、ヨーグルトや、玄米、バナナ、寒天などです。
お芋やヨーグルトはお子さんもスキですよね。
そういったお子さんがすきそうな食べものを普段の食生活に含めるようにしたら良いですね。
便秘薬を使わず、便秘になりがたい体をママが作ってやることが大切です。

便秘薬と漢方

各種便秘薬が販売されている中、みなさんは便秘の時、如何なる便秘薬をお使いでしょうか?
ランキングで人気の薬を使う方もいるでしょう。
また、その選択肢のひとつに漢方薬というものもありますよね。
漢方の便秘薬、今や使っている人もいらっしゃると思います。
さて、みなさんは、漢方薬についてどれくらいご存知でしょうか?
これは、中国医学の一種であり、人が普段、購入できる漢方薬は、日本で独自に発展したものです。
これらは漢方医学の理論にもとづき、処方されています
煎じ薬を濃縮して乾燥させた漢方エキスもののものが大きく有名なようになりました。
では、この漢方において、便秘薬として服用わたるものには、如何なる薬があるのでしょうか?
少々漢字が難しいですが、大柴胡湯です。
これは、「だいさいことう」と読みます。
大柴胡湯は、熱病が長引くケースに使われます。
たとえば、熱が上がったり、下がったりを繰り返し、便秘になった場合に服用されます。
漢方薬のランキングにも入っていますから見たことがある方も多いでしょう。
また、大黄甘草湯は、胃腸の運動を活発にできる漢方薬です。
「だいおうかんぞうとう」と読みます。
ほかにも、大建中湯があります。
これは「だいけんちゅうとう」と読み、便秘だけでなく、腹部が冷えた時や、腹痛、または、下痢、胃下垂にも効果のある漢方薬です。
便秘薬にはさまざまなタイプのものがありますが、体に暖かいということで漢方を好んで服用する方もいらっしゃいます。
みなさんも試してみてはどうでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です