口腔アレルギー症候群


花粉症と深く関係しているのが「口腔アレルギー症候群」です。
アトピーの人でその原因が食べものにある場合、この口腔アレルギー症候群に注意しなければなりません。
食べものが接する部分の口に症状が出るアレルギーの病気の一つとしています。
口腔アレルギー症候群というのは、特定の野菜やフルーツを食べたときに15分以内くらいで唇が腫れたり、舌や喉がかゆくなったり違和感を感じる病気です。
一般的には口の周りに症状がでます。
但しひどくなると目や鼻に広がっていき、もう一度ひどいとアナフィラキシーショックを起こしてしまいます。
口腔アレルギーの症状としては、唇が腫れたり赤くなったりします。
舌が腫れたり違和感を感じたりします。
のどがかゆかったりイガイガしたりします。
口腔アレルギーの原因としては、果ものや野菜などの食材が原因となっています。
口腔アレルギーは食材や花粉に共通している物質でアレルギーを起こすために花粉症と関連があると言われているのです。
たとえばキク科ブタクサ属のブタクサの場合、メロンやスイカ、ズッキーニやキュウリやバナナなどが食材として挙げられます。
スギやヒノキの場合はトマト、ヨモギの場合はセロリやニンジンやリンゴ、キウィなどがあります。
シラカバなどの場合はリンゴや桃やサクランボ、梨やいちごやウメやニンジンやセロリなどがあります。
このように花粉症の花粉そうして口腔アレルギーの食材が共通しています。
花粉症の人で口だけに症状が出ている人は合併症として口腔アレルギー症候群を疑って下さい。

ブタクサ茶


花粉症対策にいいと「お茶」を販売している通販サイトがあります。
健康と生活雑貨を取り扱っている「マジックポケット」というお店です。
こちらでは花粉症対策としてお茶やキャンディーを販売しています。
オールシーズン対応しています。
ブタクサ花粉に対応しているのが「ブタクサ茶」です。
福島県のブタクサやオオブタクサを通じて製茶加工してカフェインが入っていない焙茶とブレンドしたものです。
1包あたり5g入っていて、これを熱湯で3分間に出すと1リットル分のお茶が出来上がります。
急須で呑むという場合には、お湯を注いで麦茶色になるころを目安として下さい。
1袋に14包入っていて税込み価格980円です。
お試し用パックもあります。
「ぶたカモ茶」は春夏秋に生じる代表的な花粉に対応することが出来る15種類の花粉対策茶を混合した商品です。
3月から11月の時期にお勧めのお茶です。
ブタクサやオオブタクサ、カモガヤやハルガヤ、スギナやキク、イヌムギやヨモギ、ホソムギやネズミムギ、ススキシナダレスズメガヤ、オニウシノケグサなどが入っています。
煮出し用のティーバッグです。
急須でも飲み込むことができます。
1包あたり5g入って、1袋に28包入りで税込み価格1,960円です。
カモガヤ花粉対策には「カモガヤ茶」もあります。
カモガヤやハルガヤやひえを製茶加工して同じくカフェインが入っていない焙茶とブレンドしたものです。
1包に5g入っていて、1袋14包入りで税込み価格980円です。

秋の花粉症


秋の花粉症のやっかいなところは、私たちの体に夏場の疲れが多く出る季節で体の免疫が弱っているところにやってくるということです。
そのため花粉症の症状が重症化して仕舞うことも多いようです。
春の花粉症が過ぎたからといって油断していてはいけません。
秋の花粉症にも十分に注意しなければならないのです。
秋の花粉症の原因となる代表的なものに「ブタクサ」が挙げられます。
日本ではスギやヒノキ花粉が一番多いのですがアメリカではこのブタクサ花粉が多いです。
ブタクサは9月ごろ花が咲いて風で花粉が飛ばされ易い性質を携帯しています。
そのため花粉が行き渡り易く花粉症になる人が多いとしています。
秋の花粉症の原因となるものに、黄色い花を咲かせる「セイタカアワダチソウ」という植ものもあります。
「セイタカアワダチソウ」は喘息の原因にもなるとしている植ものです。
その昔日本国内においても駆除されてきたものです。
他にも秋の花粉症の原因となるものに、草餅の材料として知られている「ヨモギ」があります。
ヨモギは薬草なのですが、ヨモギのために花粉症になる人もとても多いのです。
9月から11月ごろに花が咲いて日本全国のどこにでも生息しているので大変注意しなければならないのです。
「カナムグラ」も秋の花粉症の原因となります。
カナムグラはつる性植ものです。
このように秋にも花粉の原因としてうる植ものがたくさん生息しているのです。
花粉症は冬になれば意外と花粉も少なくなって落ち着いてくるので、秋の花粉症対策を正しく行って冬を迎えられるようにしてください。