ブタクサ


ブタクサは秋に症状が生じる花粉症の原因となる植ものです。
ブタクサは北アメリカ原産の植もので高さは1mほどになります。
キク科の植もので一年草です。
開花時期は7月から10月ごろとなっています。
同属のオオブタクサの場合、高さは2mから4mほどになります。
とも花粉症の原因となる植ものです。
日本国内においては、スギやヒノキの次に花粉症の患者数が多いとされている代表的なアレルゲンです。
アメリカの場合は全人口の5%から15%もの人がブタクサの花粉症を発症しているそうです。
ブタクサの花粉は、3月ごろから飛散が始まるスギやヒノキの花粉の飛散が落ち着いたころの7月下旬ごろ飛散を開始します。
ブタクサによる花粉症の症状を知らせる人は9月ごろから多くなります。
日本で花粉症を起こす原因となるのは、木の花粉と草の花粉の二種類に分けられます。
木の花粉の飛散は1月から6月ごろで、草の花粉の飛散は5月から11月ごろと言われています。
ブタクサの花粉が7月下旬からとなっていてその直前にはイネの花粉が飛散しています。
イネの花粉はスギやヒノキの花粉が飛散する時期と重なっているのです。
ブタクサの花粉が飛散する時には、スギやヒノキやイネなどの花粉によって体にアレルゲンがもたらされてなんともストレスも溜まっているころそれで症状がキツくなることがあります。
自分の症状に合った花粉症対策をして、体にかかる負担を多少なりとも軽減出来るようにしていかなければなりません。

特徴


ブタクサの花粉が私たちの喉や鼻などの粘膜に触れることで、体の免疫システムが異もの侵入を感知して排除しようと働きます。
そのため体の中でヒスタミンが分泌されて、粘膜や血管を刺激するのでくしゃみがでたり鼻水がでたり、目がかゆくなったりするのです。
ブタクサが原因で花粉症を発症している人には、くだものアレルギーを携帯している人もいます。
メロンやキュウリやすいかなどのウリ科のくだものを食べると唇や口や喉に刺激がかかりかゆみを感じるというものです。
これらのウリ科の植ものとブタクサにはアレルギー症状を発症する共通の原因物質があると考えられています。
ブタクサには人間の体の中に入ると、アレルギー反応を引き起こすという特徴があります。
ごく稀に芽生えることだが、一度にたくさんの花粉が体の中に入ることでアナフィラキシーショックというショック症状を起こすことがあります。
このように酷い場合には呼吸困難に陥ってしまうことがあります。
花粉症が重症の人や喘息の疾患がある人は極力ブタクサに近づかないように限るです。
また不用意に花粉の原因となるもの質がある近くで運動を通して、花粉をたくさん吸い込んで仕舞うことがないように注意することが必要です。
世の中まずはスギ花粉の飛散量を天気予報で報告したり、花粉飛散時期を示したりして花粉症と言えばスギやヒノキなどをイメージしがちですが、ブタクサによる花粉症に悩まされている人もたくさんいるのです。

花粉症の種類


今、日本で花粉症と言えば「スギ花粉症」といったイメージが硬いと思います。
ただし花粉症の原因となる植もの花粉は他にも様々な種類があります。
スギやヒノキを始めとしてブタクサやマツ、イネ科の植ものやヨモギ、シラカバやハンノキなどもあります。
しかも日本で何とか花粉症として報告されたのは「スギ花粉症」ではなくて、本当は「ブタクサ花粉症」だったのです。
近年、日本ではブタクサが減ってきているため、ブタクサ花粉症自体減ってきています。
でもスギ花粉症やヒノキ花粉症の次に多いのがブタクサ花粉症だと言われています。
アメリカではブタクサ花粉症はとても数多く人工の5%から15%もいますし、ヨーロッパではイネ科の花粉症も多くなっています。
そのためスギとブタクサとイネの3つを世界まずは3大花粉症と言っています。
ブタクサは高さが1m程度の雌雄同株の植ものです。
おんなじキク科のオオブタクサも花粉症の原因となる植もので高さは惜しくも激しく2m程あります。
ブタクサの花粉が飛散するのは早秋ころから始まります。
スギは春先に飛散します。
秋ころに花粉症の症状がでたら、ブタクサ花粉症を疑った方がいいと思います。
ブタクサ花粉は大体8月から10月に飛散すると言われていますが、北の方の地方まずは8月から9月、南の方の地方それでは9月から10月と地域によって差があります。
秋ころに花粉を飛散する植ものは他にもあります。
ヨモギの花粉も花粉症の原因となるものです。
ヨモギもブタクサと同じキク科に属する植ものです。
他にもクワ科のカナムグラによる花粉症も考えられます。

花粉症とは


そもそも花粉症というものは、空気中に飛んでいる花粉を体の中に吸いこむことによって発症するアレルギーのことです。
つまりブタクサ花粉症というのは、空気中に飛んでいるブタクサを吸いこむことで花粉症になることを言います。
花粉症の症状には、連続してでてかなり止まらないくしゃみ、鼻水や鼻づまり、目のかゆみや目から涙が出る、目が赤く充血するなどがあります。
この花粉症の症状は、顕れる部位は人それぞれで、その症状の重さも人によって小気味よい人もひどい人もいます。
ひとたび発症してしまうと毎年のように花粉の飛散時期になると発症するもので、かなり直すことはできませんが、早期に予防や治療を通していると直る人もいるそうです。
何十年もの間花粉症にならずに済んできた人も、あるとしふらっと発症することがありますから安心はできません。
花粉症を予防する方法にはどのようなものがあるのか見ていきます。
外出するときどき、極力体内に花粉を拾わないように、マスクやメガネや帽子などを着用するといいです。
できれば花粉の飛散量が多い時期には必要最低限以外外出しないようにした方がいいと思います。
花粉が家の中に入り込んでこないように、窓は閉めておきましょう。
花粉が多い時期には洗濯ものも室内干しにするなどして、外に乾かすのはやめたほうがいいです。
何とか洋服をきれいにしても、外に干していることでたくさん花粉がついてしまいます。
その花粉だらけの洋服をきることで花粉症の症状がでてしまうからです。
外出すると見えないけれど体にたくさん花粉がついています。
外出から帰ったら玄関などで体の花粉を払ってから家に入るように限るです。
帰宅後、手洗いとうがいをしっかりとして下さい。
バランスのとれた食事を摂取することも大切です。
タバコや酒もなるべく控えた方がいいです。
最近では花粉防止マスクやメガネなども販売されていますから、利用すると尚更いいと思います。
空気清浄機や加湿器などを室内に設置して利用すると、花粉やほこりなどが飛散しにくいため効果的です。