季節毎の花粉症について【春】


「スギ花粉症」。
春に発症する花粉症の代表的なものになります。
春の花粉と言ってもスギ花粉は九州の方で2月頭位、関東で2月下旬位、東北で3月頭位と早春時期位から花粉が飛散し始めるそうです。
ですから花粉予報も結構早い時期に発表されているのです。
そうしてこのスギ花粉、春本番の春位は素晴らしく飛散して5月末位までは花粉症の人にはきつい時期になるみたいです。
そうして同じ時期位にヒノキ花粉もすばらしく飛散する様で、スギ、ヒノキ、両方の花粉症で悩んでいる方は凄く多いのです。
そういうスギやヒノキの花粉症は北海道ではよく見られない症状の様です。
北海道ではスギの代わりにハンノキやシラカバの花粉症で悩んでいる人が多く、ハンノキは3~5月、シラカバは4~6月という事は大いに長い時間花粉で困り積み重ねる事になるのです。
シラカバの花粉では花粉症の症状の他に果もの過敏症という果ものを召し上がる事がきっかけで口の中が荒れて仕舞うアレルギー症状を併発してもたらす場合も多い様です。
「花粉症」と効くと春の時期っていうイメージが有りますよね。
そのイメージは規則正しくて、春は花粉を飛散する時期である植ものがたくさん有るのでひときわ注意をしなくてはいけない時期だという事になり、ですから春は花粉症患者が多いのです。
そういった各植ものの花粉の飛散時期、飛散量はその年によってそこそこずれ込んだりする事が有ります。
ですからその年の花粉予報をきちんとチェックしてそれに合わせて花粉症対策をする様にしたら良いと思いますよ。

季節毎の花粉症について【夏】


「イネ科の花粉」が夏の花粉症として大活躍しています。
春のスギ花粉がせっかく終わった5月ころから飛び始めます。
丸ごと7月まで飛び続け、東北地方に至っては8月に入っても飛散しているそうです。
またイネ科の植ものによっては夏だけじゃなく秋口にかけても飛散積み重ねる植ものもある様です。
また夏の花粉症の発症は関東より南の地域より北海道、東北地域にいる人の方が発症し易いと言われています。
それはこの時期が梅雨にあたるからです。
湿度が有って雨が降りしきる事で花粉は飛散せずに下に全部落ちてしまい身体に入るチャンスを失います。
それとは逆に北海道や東北の北の方の地域では梅雨が無いので逆に花粉が飛散しやすくなるのです。
こんな事を受けてか関東圏内で夏の時期に花粉予報をする事はわずかのです。
北海道、東北なら花粉予報を通じていると思いますので、地元の方はチェックしておいて毎日の生活に役立てる様にください。
またイネ科の花粉はスギやヒノキの花粉と違って飛散する距離が数キロ程度と少ないです。
ですから稲がわずか所に住んでいる方は東北の方けれども花粉症は発症しにくいと思います。
もしもイネ科の植ものが無くて夏の時期に花粉症の症状の様な症状が出たらそれは花粉症ではなくてハウスダスト等の他の原因かもしれません。
その年によって花粉の量は時期は変わってきますので、花粉予報をチェックして対策する様にしてくださいね。
夏も花粉症は有りますので正しく病院で診て貰う様にください。

季節毎の花粉症について【秋】


ブタクサ、ヨモギの花粉症は秋に発症する物になります。
今は春の花粉症であるスギ花粉が花粉症の代名詞みたいな感じが有りますが、日本でいよいよ報告された花粉症は秋に起こるブタクサの花粉による花粉症だったと言われているのです。
花粉症の元祖みたいな感じですよね。
余りに見ないですがブタクサ花粉の花粉予報もインターネット等で出ていると思いますのでチェックしてみましょう。
今はスギ花粉症患者は増加傾向にあり、ブタクサ花粉症患者は減少傾向にある様ですが、秋口の花粉症は果もの過敏症という口腔内アレルギーと併発する可能性が厳しい為、特に注意する必要があるのです。
ブタクサは東北、北海道では依然暑い8~9月ころ、関東では8~10月ころ、吸収の方まずは9~10月ころ位が飛散する時期だと言われています。
次にヨモギの花粉症についてですがヨモギは日本人にとっては誠に馴染み深い植ものであり、食材、化粧品、薬草としても使われている植ものになります。
また自力で生きて行く事が出来る程のたくましさがありますので日本のいたるところでヨモギを作る事は容易いという現状でもあります。
こういう事から花粉症患者が増加していると言われているのです。
ヨモギ花粉の飛散時期、ヨモギ花粉症による果もの過敏症はブタクサ同様だという事ですので同じ様に注意する必要があるでしょう。
ますます秋は花粉症を引き起こす植ものにクワ科のカナムグラという植ものも言える様です。
年によって飛散する時期、量は異なりますのでその年の花粉予報をチェックして花粉症対策をする様にください。

季節毎の花粉症について【冬】


冬に花粉症の症状を取り出す場合、どの様な植ものの花粉が原因だと思うでしょうか。
冬の花粉症の特徴を挙げてみたいと思いますのでぜひ参考にしてください。
そう言えば花粉予報を冬に訊く事って無いと思いませんか?花粉予報と言うと春や秋という季節にしかない様な感じがしますよね。
それもそのはずです。
冬は1年を通して唯一花粉症の辛さから解放されるという季節なのです。
それでもぱっぱと目の前に来ている春の大敵スギ花粉に関して対策を考えなければならない時期もあるのです。
以前は冬の花粉症の原因としてキク科のセイタカアワダチソウという植ものが言えると言われていたみたいですが、秋の花粉症の原因となっているブタクサと間違われていたみたいで結局冬には花粉症の原因となる植ものは無いという事になったのです。
でも安心ばかりもしてはいられません。
至急花粉の季節が目の前に迫ってきているのです。
冬も終わりに近付いてくる1月末~2月にかけては今年の花粉予報が発表されます。
その飛散量、飛散時期によって対策を考えて出向く必要が見て取れると思います。
だって速いところだと1月末にはいよいよスギ花粉が飛び交っている所も出てきますので早め早めの対策をする様に心がけましょう。
花粉症は1度なってしまうとかなり治らないと聞きます。
症状が悪くなってからでは遅すぎるのです。
症状を出来るだけ緩和させる為にも花粉症の症状が出ない冬に春~秋の花粉対策をするのがオススメなのです。