ハウスダストの原因


家の中に舞っているダニや埃、塵と言ったものをハウスダストと呼んでいますが、これに対してアレルギー反応を起こす場合が有ります。
その症状としてはくしゃみや鼻水が主な症状だそうです。
体内に本来必要じゃない異ものが侵入してきた際、その異ものを追い出そうとして身体が反応するときの事を指していて、放っておくと皮膚炎、結膜炎、喘息、鼻炎の原因にも患う可能性を秘めています。
あまりにも激しい様でしたらアレルギー科が在る耳鼻科や皮膚科等に行って診てもらう事をオススメします。
また症状が軽くてもそれ以上悪化させない為にアレルギー科を受信しておいた方がよいのではないかと思います。
ハウスダストのアレルギーになって仕舞う主な原因はダニだと言われています。
そうして埃、ペットの毛や人間の髪の毛、フケ、ダニやゴキブリの死骸、フン等が症状を引き起こしてしまう原因なのではないかと言われているのです。
こんなハウスダストを放っておくと生きているダニの栄養になってしまい繁殖をし、もう一度ハウスダストの原因が伸びる事になるのです。
再度ハウスダストの原因は未だ有り、お風呂場やキッチンと言った湿度が高そうな場所にでき易いカビが有ります。
カビの胞子が大量に飛散し、アレルギーの原因となってしまうのです。
また花粉も同じで、外から帰って来た人の洋服に付いたり干した布団に付いたりして花粉が部屋の中に入って仕舞う事が多々あります。
これもハウスダストの症状を悪化させて仕舞う原因となるのです。

ハウスダストによる疾患


ハウスダストによってアレルギーが引き起こされる事が有ります。
それによりアレルギー科を受診しようと思いますが、どこのアレルギー科に行けばいいのか分からなくなりますよね。
間違う所に行くと診断自体があやふやになる場合が有りますので、該当する病院のアレルギー科に行く様にください。
そこでハウスダストによって出る可能性が見て取れる疾患を挙げてみたいと思います。
ハウスダストにはダニや埃、塵っていう通年性に該当する物、花粉っていう季節性のものと有りますのでそれによって症状も変わってきますし、種類もなる様です。
【アレルギー性鼻炎】
アレルギーの原因となる抗原が身体の中に入りこみ、鼻の粘膜に炎症を出してアレルギー反応を引き起こします。
症状はくしゃみが止まらなくなったり、鼻水がサラッとした水みたいな感じだったり鼻づまりだったりという症状です。
アレルギー性鼻炎にはダニ等が原因となる通年性のものや、花粉症等の季節性のものとが有ります。
【アレルギー性結膜炎】
結膜に異ものが混入し、それがアレルギーの原因となる抗原である場合アレルギー性結膜炎となります。
目が充血したり、酷い痒みが起きるのが特徴です。
結膜の部分が擦りむくんでしまい白目のあたりに浮腫ができブヨブヨとした感じになる事もあるそうです。
このアレルギー性結膜炎が起きる原因としてはハウスダスト(通年性、季節性取り込む)が原因としていましたが、最近ではコンタクトレンズの汚れが原因となっているのではないかとも言われています。

ハウスダスト対策


家の中をこまめに掃除する。
洋服をこまめに洗濯する。
これをするだけでハウスダストのアレルギー症状を緩和させる事が出来ます。
ハウスダストアレルギーが乏しい場合にはアレルギー科等を受診し、早めに診断を受けましょう。
掃除ですが、特に寝室は毎日掃除をする様にすると良いですよ。
家に敷いてあるカーペットにはダニや埃、花粉が付いているとして良いでしょう。
排気循環タイプの掃除機を使うと吸ったハウスダストをまた撒き散らさないのでオススメです。
またお風呂の足拭きマット、布団のシーツ等はカビやダニが繁殖しやすいと言われていますので洗濯はこまめに行いましょう。
花粉の季節以外の季節では窓を開けて換気する事も大切です。
次にハウスダストの元となるダニは高温多湿の環境を憧れ、繁殖しやすいとしています。
除湿機や空気清浄機を使って高温多湿を解消する様に気をつけましょう。
押し入れや靴箱の様にいつも閉めている場所も時折開けて空気の乗換えをする様にください。
またハウスダストに悩まされない為に最近は防ダニ効果が在る枕やシーツ等が販売されていますので利用したり、布団もこまめに干して乾燥させる事も大切です。
今はペットを飼っているご家庭も多いと思います。
定期的にシャンプーを通して汚れが身体に溜まらない様にして、抜け毛予防としてブラッシングを通して清潔に保つ様にください。
アレルギー科に行き、ハウスダストアレルギーを治療するのも大切ですが、そういった対策を家庭で行うのもまた大切ですのでぜひ行ってみてください。

ハウスダストの対処


ハウスダストも花粉もアレルギー症状が身体に出てしまうと辛いですよね。
アレルギー科に通って症状を鎮める様な対策をする人が多いと思いますが、ハウスダストアレルギーになった場合の対処をご紹介したいと思います。
【掃除】
先ずは徹底的な掃除ですね。
ハウスダストでアレルギー性鼻炎を引き起こす場合が有ります。
こまめに掃除する事でハウスダストを少なくし、室温と湿度調整を通してダニやカビを繁殖断ち切る様にください。
それほどする事でアレルギーの症状が和らぎますよ。
【保湿】
アトピー性皮膚炎の様に皮膚にアレルギー症状が出てしまう場合、皮膚の耐性が弱まっている様に感じます。
皮膚を保護する為にバリアする必要が見て取れるのです。
そこで最適なのが保湿ケアです。
保湿を通して乾燥断ち切る事、皮膚に刺激を与えない事が必要となります。
保湿する為に取り扱うクリームは、市販のものけれども良いですが、アレルギー科等で処方されたクリームを使うとより良いかと思います。
【喘息のタイミングを分かる】
ハウスダストで気管支喘息の症状が出ている場合、発作が起こったタイミングをチェックしておく事も重要です。
発作の状態や自分の身体にどんな支障を与えているか等、冷静に判断しましょう。
とにかくお子様の場合は意識や会話の状態もチェックしておく事である程度の事がうなづける様になります。
そこから外れた状態になった時は間もなく病院をめぐって診てもらいましょう。
他に市販薬を使う等、色んな対処方法が有ります。
こんな対処を通してアレルギー症状を緩和させていきましょう。