漢方と冷え性


冷え症とは体の特定部分だけが冷たく察することを効く、女性に多い症状です。
痛みを伴なったり、夜寝付けないという人もいます。
手足の冷えを感じている人は高齢者ほど手広く、75歳以上の8割以上の人が冷えを感じているという調査結果があります。
冷えの原因の一つに自律神経の働きの乱れがあります。
更年期障害や月経異常などに伴って芽生える場合も手広く、女性は月経の影響で自律神経に乱れが生じ易いことや、子宮や卵巣によって下半身の血行が滞りやすいことも影響していると考えられています。
他にもストレスや薄着、肌の露出の良い服装、身体を締め付ける下着、食べものなども冷え症に影響を与えます。
夏場の過度な冷房も冷え性を起こしやすくします。
このように冷え性の原因はさまざまで、多くの場合原因が特定できないのが現実です。
西洋医学には冷え症という病名はなく、治療の対象になっていません。
一方漢方まずは昔から冷え性は「水滞」「お血(けつ)」と関わっていると考えられ、症状に合った漢方薬が処方されます。
冷え症は体が本来所持している「ホメオスタシス」を低下させます。
そのため冷えは昔から万病につながるとも言われ、放っておくと更に苦しい症状につながる恐れもあります。
出来るだけ速く対策を始めることが大切です。
漢方による冷え性の治療は、身体を温めながら末梢の血行をよくするための漢方薬が処方されます。
体のバランスを崩した原因をつきとめて、それを改善することによって根本から冷え性を治すことができます。

漢方と不妊症


不妊症の原因は、男性側の問題、女性側の問題、精神的な問題や環境の問題などさまざまなことが考えられます。
身体の異常が明らかで不妊の原因がわかっている場合もありますが、多くの場合、原因を特定することはむずかしいのが現実です。
近年、不妊治療の技術は飛躍的に進歩しました。
不妊治療は不妊で苦しむ夫婦にとって大きな可能性をもたらす有難い技術ですが、妊娠率は人工授精で5~15%、体外受精では15%~25%で、まだ厳しいとはいえません。
不妊治療といってもその種類はさまざまで、現在ではタイミング療法やホルモン療法、人工授精や体外受精などが行われています。
不妊の原因が明らかな場合にはこのような西洋医学的治療が可能だが、原因が決め場合には漢方による不妊治療を行うことも一つ方法です。
漢方による不妊治療は女性ががんらい所持している生理の周期を整え、ホルモンバランスを正常に戻すことによって妊娠しやすい体を創ることが目的です。
漢方薬によってホルモンを調整する能力や、妊娠に必要な体内環境が引き出されることを期待するものです。
ホルモン剤の投与や排卵誘発剤など使用する治療は、内的、肉体的にも負担が著しく、治療自体がストレスとなる場合も少なくありません。
ストレスはかえって治療に逆効果です。
また治療が長引けば費用も高額になります。
漢方による不妊治療は副作用も安いため体に手厚く、経済的にも負担の少ない方法だといえます。