エアープロット


花粉症の人にとって、春と秋はとても難しく不愉快シーズンです。
春はスギ花粉、秋はブタクサ花粉、とも耐え難い花粉症をもたらします。
ここでそういった恐ろしい季節を乗り切ろうと花粉症の人に朗報です。
テレビなどでも紹介されて話題となった商品が「エアープロット」です。
これは窓ガラスにつけるだけで、簡単に室内の空気中にある花粉を分解して除去することが出来るという優れモノなのです。
これは特許商品の白金担持超光触媒です。
白金担持超光触媒は有機化合ものを紫外線として分解し除去出来るというものなのです。
特許できちんと証明されている商品なのです。
「エアープロット」ではプラチナ触媒と光触媒の2つの触媒効果によって花粉を分解して除去して貰える。
これでスギもヒノキもブタクサも怖くありません。
分解して除去患うわけですから、室内の空気中から花粉がなくなるということです。
そのため花粉症の原因となる花粉自体を吸いこむことがなくなって、花粉シーズンがやってきても快適にあかすことが出来るのです。
ますます分解して除去するのは、花粉だけではないのです。
室内にあるダニのフンや死骸、揮発性化学もの質やニオイや細菌やウィルスまで分解除去することが出来るのです。
室内をきれいで安全な空気環境にすることが出来る際立つ商品なのです。
花粉が飛び設けるその前までにぜひ対策することをお進めします。
窓ガラスに付けるだけなのでとても簡単です。
専門業者に依頼すれば、「エアープロットの認定施工士」というきちんとした資格を有する人たちがちゃんと施工してくれます。
「エアープロット」ではガラスの表面で白金微粒子とチタン微粒子がうまく空気に触れるように施工することが特許技術のひとつともなっているので施工処理がずいぶん大切なのです。
1部屋1時間くらいで施工終了するそうです。
興味がある人は、見積もりも可能です。
ぜひ専門業者に問い合わせをください。

青汁


花粉症はとてもつらいです。
秋になるとブタクサに反応して花粉症になる人も多いと思います。
この花粉症の痛い症状を緩和させるには、花粉症の薬を飲み込むという方法やマスクやメガネなど花粉が入らないようにする対策を取る方法があります。
薬を飲むとインパクトはあります。
但し眠気を伴うので、仕事中などは眠気との戦いが恐ろしいものになります。
当然車の運転をするのなんて眠気との戦いが危険を伴い思い切りこわいです。
花粉症は完治させることは難しいと聞きます。
ブタクサ花粉についてもそうです。
所詮出来ることはと言えば、ブタクサが花開く前に抜いてしまうことくらいです。
但し体質改善を行うことで花粉症を克服出来るという話も聞きます。
今回ご紹介するのは、「青汁」を飲んで体質改善を図りブタクサ花粉の症状が小気味よくなったという話です。
実に「青汁」で症状が軽くなった人がいるのですが、但し「青汁」自体が見合う合わない人がいます。
この方法は青汁が体に合っている人にはいいと思うのです。
ですからすべての人が「青汁」に効果を示すわけではないということです。
ただし心がける価値はあると思います。
やってみなければ合うか合わないかもわからないのです。
実に試した人の体験では、青汁を半年間呑み続けて、いざ秋を迎えてブタクサ花粉の季節として相当目がかゆくなった程度で鼻水もくしゃみもでなかったそうです。
その季節ブタクサが飛散しなかったのではありません。
周囲の人はくしゃみを連発しマスクを通していたそうです。
グングン青汁によって体質改善できたことで、花粉症だけではなく、血中脂質の状態もずいぶんよくなったそうです。
薬に頼ってしまうが、出来ることだとすれば薬に頼ること無く自力で花粉症を治すことができたらいいと思います。

風邪との違い


秋になるブタクサ花粉などの症状は、夏風邪に間違われることも多々あります。
鼻水がでてくしゃみがでて、体がだるくてこれを夏風邪だと思って風邪薬を飲んで、実際にはブタクサ花粉なので薬がどうも効かなくて治らないという話を耳にします。
苦しい人になると極めてまれに花粉症も熱を取り出す人がいるのでさらに風邪と間違い安くなってしまう。
花粉症と風邪の症状の違いについて見比べてみます。
予め「熱」です。
一般的に熱が現れるのは風邪、花粉症の場合はほとんどの場合熱はでません。
次に「鼻水」です。
花粉症の場合は、水のようにさらさらとした鼻水がでますが、風邪の場合は日にちが経つにつれてじりじり黄色くなって粘り気のある鼻水になっていきます。
「くしゃみ」についてです。
花粉症の場合は、10回以上連発することが何度かありますが、風邪の場合は時々連発するかどうかくらいでいまいち連発することはありません。
「目のかゆみ」についてです。
花粉症の場合、目のかゆみがまぶたやまぶたの縁などにでます。
目の中にゴロゴロと異もの感を覚える人もいます。
症状が出ない人もいます。
風邪の場合、目のかゆみが生じることはほとんどありません。
「喉の痛み」についてです。
花粉症の場合は、通常かゆみがあります。
まれに喉がきついこともあります。
風邪の場合は、喉が赤く腫れるので痛いです。
このようにして花粉症と風邪では症状が似ているようで見比べてみると違う点がいくつもあります。
別に鼻水がさらさらしているのか粘り気があるのか、鼻水の色は黄色いのか白いのかなどが顕著な違いだと思います。