漢方とかぜ


風邪の原因はウィルスによるものが大部分です。
症状は発熱、咳、喉の痛み、疲弊などさまざまですが、一般的な西洋医学の治療では発熱や咳など症状を治める薬や抗生もの質が使用されます。
これに対して漢方薬の治療では風邪の症状は身体が病気と闘うための防衛反応だと考えます。
そのため風邪の症状を無理に掴むことはしません。
漢方で風邪といえば葛根湯がよく知られています。
葛根湯はひきはじめにはよく効きますが、症状が進んだ場合や高齢者などに適さない場合もあり、実際には一人ひとりの証や症状に応じた漢方薬が処方されます。
小気味よい風邪なら食事養生をするのも一つの方法です。
たとえば背筋がぞくぞくと寒気が走る時折身体をあたためて発汗させる事が第一です。
ショウガや香菜などの温性の食べものを摂って身体を温めます。
熱が厳しくのどが渇いているような時折水分を補給して身体の熱を冷やすことが大切です。
食欲があれば、牛蒡や味噌などの熱を冷やす食材を摂ると効果的です。
また下痢や吐き気など胃腸が弱っている症状では、体内に余分な水分があると考えられます。
これは夏風邪に手広く、消化の良いものを食べて胃腸の働きを合わせることが大切です。
ゴーヤやスイカなどを摂って、身体から水分を排出するように努めます。
他にも風邪の症状には色々なものがありますが、漢方まずは体をあたためる、体の熱を冷やす、胃腸を用立てるなどが基本的虎の巻で、症状を止めるのではなく、身体に耐性をつけて治します。

漢方と肩こり


肩こりとは、肩、首筋、背中などがごつくなったり、こわばったりして、痛みを感じるものです。
漢方は元々中国の医学ですが、肩こりに悩む人は日本人に手広く、その原因はストレスや姿勢、運動不足、寒冷、病気などさまざまです。
一旦肩こりの症状が現われると慢性化しやすいため、精神的にも苦痛を伴い、毎日の生活に悪影響を及ぼします。
そういったかなしい肩こりも、漢方の考えによって「気」や「血」の巡りを直し、痛みを和らげることができます。
後頭部から首筋、肩にかけての痛みは、ストレスにより「肝」の機能が停滞している「気滞」のタイプの人によくみられます。
この状態が長く貫くと頭痛やジリジリ、憂鬱を伴うこともあります。
スポーツや趣味でストレスを発散し、「気」の流れを改善する食材を摂ると効果的です。
肩や首がごつく、押すと痛みがあるのは「?血」のタイプの人に多い症状です。
おんなじ姿勢を長く続けていることからうっ血します。
このような人は全身が冷えないように心がけることが大切です。
また姿勢をこまめに変え、適度な運動を通じて血行を促すことが大切です。
体内に余分な水分がたまっているのが「水滞」のタイプの人です。
太り気味の人に手広く、触っても硬くないのが特徴です。
脂っこい食べものを外し、身体をよく動かして水分の代謝を促すことが大切です。
肩が固いのに押しても痛くない、またこっているのに自覚がないのは「血虚」タイプの人です。
過労や月経などによる「血」の不足が原因で起こります。
この場合は血を賄う食材を積極的に食するようにします。

漢方とつわり


つわりとは妊娠5、6週ころによる不快症状を言います。
代表的な症状に食欲不振、嘔吐、匂いに敏感になるなどがあります。
妊娠している女性の50%から80%が経験すると言われていますが、つわりの症状や程度、時期は個人差が広く、全く症状が出ない人もいれば入院を必要とするほどの衰弱状態になる人もいます。
みんなは妊娠14週から18周ころには自然に治ります。
つわりの程度や症状は母体や胎児には影響はありませんが、自然に癒えるとは言っても、症状の厳しい人にとっては耐えがたい時期です。
但し現在の医療で一般的なつわりの症状を治療によって直すことはできません。
みんなは日常生活を工夫しながら乗り越えています。
妊娠期は栄養が多く消化のよいものをしっかり摂ることが理想ですが、つわりで食べられない人は食べれるものだけ食べ、水分をしっかり食べるようにします。
そうして十分に休養し、気分転換をしたり、リラックスすることで症状が薄らぐこともあります。
現在医療では症状が根深い場合には点滴などの処置をします。
但し妊娠中は使用できる薬に制限があるため、漢方の治療を行う場合も増えています。
漢方まずは、つわりは「気」や「水」のバランスの乱れが原因と考えられています。
自然に癒えるからといって我慢し続けていると、返って全身状態が悪化することもあるため、なるたけ早い時期に漢方の処方を受けると安心です。
しかし、漢方薬といっても妊娠中の服用は慎重に行わなければいけません。
自己判断で服用することせず、医師と相談の上で服用することが大切です。