アレルギーではどういう症状が出るのでしょうか


アレルギー症状の原因となるアレルゲン(抗原)は色んな形で身体の中に侵入してしまう。
その抗原で症状の種類も変わってきますので、症状によりアレルギー科で受診する必要が出てきます。
先ずは口から入る抗原で、卵、牛乳、小麦、大豆等で顕れる食もの抗原です。
これらにおいている抗原を召し上がる事で、少しすると蕁麻疹や嘔吐、腹痛、下痢、ショックときの様な症状が出てくると言われています。
次は吸いこむタイプの抗原で、ダニ、塵、カビ、フケ(ペット等)等が有ります。
大抵の場合、気道アレルギーとして症状が出てきて、鼻水、頻繁なくしゃみ、鼻の痒み、喘息の様な息苦しさ、気管支喘息、鼻炎という症状が見られます。
春になると多くの人が発症する花粉症では、目や鼻が真っ赤になったり、痒くなったり、涙やくしゃみ、鼻水という症状が出てくる様になります。
皮膚から侵入するタイプはダニや塵になります。
皮膚アレルギーとして痒みや湿疹、赤み、ただれという症状が出てきます。
代表的なものにアトピー性皮膚炎が有りますが、心苦しい痒みが長期間に渡って続きます。
また、大差も違いが有り、子供の場合にはアレルギー自体が年齢による場合があるとも言われています。
そうして年齢が出るに連れ、抗原が変わってきますので、症状が短期間で入れ替わる事も多いそうです。
こんな症状が出た際にはアレルギー科等に受診しに赴き、医師の診断を仰いで適切な処置を受ける様にください。

アレルギーの予防と治療


家族にアレルギーと診断された方がいる、本人にアレルギーらしき症状が出ている、病院のアレルギー科等で診察、血液検査、食べものアレルギーかどうかを除去食にて試験等をし、アレルギーかどうかの判断が出されるそうです。
アレルギーの症状が出ると大いに辛いです。
香ばしい思いをしない為にも、予防をする事が何よりも大切なのだそうです。
アレルギーの症状を出さない様にする為には、抗原を体内に入れない様にする必要が有ります。
抗原は食べもの、皮膚、鼻から等色んな形態で入ってきます。
食べものの場合はアレルギーの原因の食べものを見つけ、それを食べない様にする事で予防が可能だが、完全に除去すると言うのは難しい為、アレルギー科等で専門医の指導の基、行なう様な形を取ると良いでしょう。
また、お子さんにアレルギーを持ち歩いている子供がいて、妊娠を通じている場合、そのお子さんもアレルギーを持ち歩いて生まれてくる可能性が有ります。
予防として妊娠中に負担がかからない程度に食事の制限をしたり、卵白消したりする事があるそうです。
また食べものアレルギーは予防出来ても吸入性に関するアレルギーは予防しづらいものが有ります。
最悪、薬もの療法をする事も有りますが、専門医の指導の基、適切な治療を受ける様にください。
アレルギーは予防が大切ですが、全て予防できる訳では有りません。
万が一予防をすり抜けてアレルギー症状が出た場合は、病院のアレルギー科を受診する等して処置を受けましょう。

アレルギー別症状


近年アレルギーの症状が出てアレルギー科を受診する人が増えていると言います。
ただし自分の出ている症状がアレルギーの症状なのか分からずに差し置く人も中にはいるそうです。
以下にアレルギーの種類別症状を挙げてみますので、自分が該当する等感じたらアレルギー科を受診してください。
【気管支喘息】(大人、小児盛り込む)
このアレルギーの症状としては気管支が縮んでしまい、狭くなって仕舞う事で息を吸う毎にゼーゼーやヒューヒューっていう音が溢れる様になり、痰、咳が出てきて苦しくなって仕舞う症状が特徴として挙げられます。
【アレルギー性鼻炎】
代表的なものとなる花粉症、ペットアレルギー等が有ります。
症状の特徴としてはくしゃみ、鼻づまり、鼻水っていう症状が出ます。
花粉やペットのフケ等が抗原として、体内に侵入し粘膜に接触した事で症状を引き起こすと言われています。
鼻水も色がついていなく、透明な感じの鼻水です。
(因みに色が付いていると風邪等、アレルギーとは別の症状となります。

【アレルギー性結膜炎】
症状の特徴としては涙が出たり、異もの感を感じたり、目が痒くなったり、結膜が赤く充血したりという事が挙げられます。
通年性と季節性が有りますが、季節性の場合は花粉症によって起こる事も有ります。
ちょっと有りますが、アレルギーの症状かなと感じたら放っておかず、さっさとアレルギー科等専門の病院を受診し、治療する様にください。

アレルギーの予防


アレルギー症状に困り、病院のアレルギー科等を受診している方も多いと思います。
アレルギー科等の病院に行くのも良いですが、アレルギー症状を今より悪化させない為にも予防や注意が必要になります。
【ダニ】
布団や絨毯、色んな場所に潜んでいて、生きているダニ、死んでいるダニ、またはその糞はアレルゲンというアレルギー症状を引き起こす基になって仕舞う事が有ります。
これらはハウスダストという形で室内に止まり飛び散りますので、アレルギー予防の為にもダニ対策をしっかり行なう様にください。
具体的には、ダニの住家となる絨毯やカーペット、ぬいぐるみ、ソファ(皮張り以外)を使わない様にする事、ダニが繁殖しない様に、室内の湿度調整をしっかりする事、クリーナーをゆったりしっかり用いる事を心がけると良いでしょう。
【カビ】
カビもアレルゲンになる可能性が思いっきり有ります。
そのカビは高温多湿が大スキで繁殖します。
高温多湿を遠のけ、風通しを良くして繁殖しにくい環境作りが出来る様に心掛けましょう。
【換気】
室内の換気をしないと空気が汚れてきてしまいます。
汚れた空気は、アレルギー症状の悪化に繋がりますので、換気は小まめにする様にください。
またタバコも出来れば吸わない様にした方が良いでしょう。
【気管支喘息】
喘息の原因はアレルギーだけでは有りません。
気候、タバコ、風邪、ストレス等、様々な事が原因となり刺激されていきます。
アレルギーの方それでは、ペット、カビ、食もの等が有りますが、一番はダニや塵ではないかと感じます。
掃除や天日干し等をこまめにして、ダニ対策をしっかり行なう様に努める様にください。