篤姫にも出ていたなた豆

2008年にNHKで放送されていたのが宮崎あおいちゃんが主演で放送していた大河ドラマの「篤姫」です。
その中でまことに「なた豆」が登場していたという。
篤姫の出身地は薩摩地方、なた豆茶が有名なのも薩摩のなた豆茶という事で繋がっていますよね。
篤姫が生きていた時代は幕末のころ、そのころのなた豆の位置というのは民間薬として使われていたとうなのです。
それが現代でも息づいていると言うのはそんなになた豆に効果が有るという事なのでしょう。
けれども薬と言うとおししくなさそうな感じがしますが、意外にもなた豆茶って美味しいんです。
辛い香りと癖が薄いほんのり甘みが見て取れる様な感じで呑み易い味に仕上がっています。
これはどこのメーカーさんで出しているなた豆茶でもおんなじ事が呼べるのですが、おししくて呑み易くてとなれば毎日続けられそうですよね。
健康茶というからには続けて飲まなければならないので、これ位呑みやすければ続けられそうな感じがします。
今までの健康茶が苦手という方けれどもきっと「美味しい」って言って飲めると思いますよ。
篤姫の時代のころから飲まれていたなた豆茶、今も昔もその効果は変わらず有効的だという事になります。
そういったなた豆茶をぜひもっと呑み続けていきたいものですよね。
出来れば篤姫の出身地で作られている日本ではとりわけ有名な薩摩のなた豆茶を飲んでみると言うのはいかがでしょうか。
もしかして篤姫の時代のころが思い浮かぶかもしれませんよ。