現代人の便秘


現代人は便秘に悩んでいる人が多いのでしょうか。
インターネットを調べてみると、たくさんの情報があります。
多くの人が便秘になっているようです。
ただし、その解消方法もたくさん掲載されています。
健康に良い生活をしていれば、便秘になることはありません。
サプリメントや便秘薬を服用するのではなく、食生活などの改善が大事です。
者が便秘になりやすいのは食生活が変わってきたからでしょう。
決まった時間に食事を摂ることは排便のリズムを決めるために重要なことです。
その中それでも朝起きてからの朝食は一番重要です。
朝食を食べることによって、腸が働き始めます。
朝のうちに排便をするのは体の働きから考えて一番ナチュラルのです。
朝食を抜いてしまうと、その排便がありませんから便秘になりやすくなってしまいます。
食事の内容も重要ですね。
食もの繊維を含めることは誰でも知っているでしょうが、現実的には不足している人が多いのです。
たくさん摂るのに運動不足ですから、腸が動き難い状態を作ってしまっているのです。
女性の場合は便意を感じても、状況によって我慢して仕舞うことがあります。
それが一番酷いようですね。
便意を抑えてしまうと、腸の働きがだんだんと鈍ってくるのです。
腸が排便を促すためのシグナルを出しているのですから、弱肉強食に逆行するのは健康に悪いことなのです。
便意は腸の蠕動運動によって引き起こされます。
腸内の便を直腸の方へと流す運動です。
薬を使わずにナチュラル排便が出来るように心がけなければなりません。

便秘とダイエット


女性は誰でもダイエットをしたがります。
特別に肥っていると思われないような人もダイエットを通じているのです。
このダイエットはやり方を間違えると、便秘の原因になってしまいます。
ダイエットと便秘について考えてみましょう。
ダイエットとして食事の量を燃やす人がいます。
無論、ダイエットとしては効果があるのですが、腸にとっては大して望ましいことではありません。
バランスの取れた食事をすることが難しくなります。
また、食事の量が少ないのですから、腸で仕上がる便の量も少なくなります。
腸が便意を起こすための蠕動運動が起きなくなってしまうのです。
腸の正常な機能が働かないのです。
当然、便秘になれば老廃ものは体内に蓄積されますから、吹き出ものなどの原因となってしまいます。
人の体は巧妙なメカニズムで出来ています。
それぞれの機能には重要な役割があるのです。
それを無視したようなダイエットが健康に良いはずはありませんね。
栄養バランスを作るためには各種食材による料理が必要です。
但し、一度の食事でバランスをとることはテクニカルではありません。
そのために3度の食事をするのです。
1日でバランスが取れれば良しという考え方です。
便秘が続いていると、悪玉菌が腸内で繁殖してガスが発生します。
これが肌のトラブルや口臭の元になるのです。
食事を減らしてもきれいにはなれないのです。
体重を減らすだけのダイエットは明らかに間違っていますね。
あなたのダイエットはどうでしょうか。

妊婦と便秘

日常的に便秘がちの女性は妊娠したところ注意しておかなければなりません。
妊婦さんは便秘になりやすいのです。
妊娠と便秘の関係について考えてみましょう。
通常の便秘は偏った食事や運動不足、睡眠不足などのお決まりの影響が大きいと言われています。
食もの繊維をたくさん取り去ることや適度な運動によって便秘を解消することができます。
ただし、妊婦の場合は妊娠によって体のホルモンが変化します。
それは黄体ホルモンと呼ばれるホルモンがたくさん分泌されるのです。
このホルモンは筋肉を緩めて腸の働きを鈍らせる作用があります。
便意は腸の蠕動運動によって起こるのですが、その便意が抑えられることになります。
そしたら、子宮が大きくなることによってもの理的に腸を圧迫します。
これにより腸の働きが悪くなるのです。
妊娠をすると便秘になりやすい体になっています。
本来ば便秘にならない人も、便秘になる傾向にあります。
まずはどうすればいいのでしょうか。
それは妊娠していない時と、基本的には変わりません。
もちろん、運動はした方がいいのですが、妊娠中だから、あまり著しくはできませんね。
そしたら、便秘薬は注意しなければなりません。
原則として妊娠中は薬は飲めません。
例外としては漢方薬があります。
これも慢性にならないように注意が必要です。
何度も薬を飲んではいけないのです。
女性は便意を我慢する傾向にあります。
それは照れくさい気持ちが激しいからですが、それが習慣になってしまって便秘になるケースもよく見られます。