市販薬と処方薬の違い


花粉症の薬は現在多数販売されています。
自分たちで薬局などから購入できる市販薬。
病院へ行って医師に処方もらい購入できる処方薬。
花粉症の市販薬と病院からの処方薬の違いを見ていきます。
一般的に花粉症の市販薬は何種類もの薬が混ざってできている合剤というのが大多数です。
主成分としては眠気がある第一世代の抗ヒスタミンが入っています。
ヒスタミンを強力に抑制できる効果があるのですが、副作用としてかなりの眠気を伴う薬です。
成果がある薬で効き目が凄いけれど、のどの渇きや眠気など副作用が頻繁に起こってしまいます。
そのため症状が長くでてしまって、薬を長期間呑み続けなければならないという人には全く恐ろしい薬になります。
特にブタクサの花粉は、毎年少しずつ花粉シーズンが長くなっているようなので、長期化されると花粉の薬を呑む期間も長くなりますから苦しいものがあります。
運転をよくする人や危険を伴う仕事についている人には、不向きな薬です。
呑み薬は他にも漢方薬があります。
市販薬としては、鼻に直接薬を噴霧する点鼻薬もあります。
点鼻薬の中には血管収縮薬が入っています。
そのため効き目が薄くなることもありますし、点鼻薬の使用をやめてしまったら鼻づまりが以前よりもひどくなって仕舞うということも起こります。
薬局で購入するときに、ちゃんと自分の症状、アレルゲンについて、ブタクサならブタクサ花粉症とつげて相談してください。
病院で処方してもらう薬の場合、第二世代の抗ヒスタミン剤が入っています。
第一世代の抗ヒスタミンよりも成果は穏やかになっています。
病院なので、鼻づまりを直す薬、鼻水を牛耳る薬、目のかゆみを引き下げる薬といったそれぞれの症状に合わせた薬を貰うことができます。
点鼻薬は病院も処方できますが、この場合は血管収縮薬ではなくて、ステロイド薬になります。
薬代に関しても市販薬は良いので、保険を使って病院で処方してもらった方が安くなると思います。

空気清浄機


花粉症対策に空気清浄機が活躍しています。
世間けれども春のスギやヒノキ花粉の時期や秋のブタクサの時期になると、空気清浄機がよく売れます。
空気清浄機は様々なタイプのものが販売されています。
その中けれどもファン式になっている空気清浄機を選ぶと済むそうです。
フィルターの網目の細かさは空気清浄機の機種によって違いがあります。
ただし網目でほとんどの花粉をキャッチすることができるそうです。
花粉の大きさからしてもほとんどの空気清浄機において花粉を捕まえることができるそうです。
フィルターの網目に花粉や部屋のダニの死骸といった空気がすり抜けて濾過されて空気が浄化されます。
そのためファンがついている空気清浄機の方が宜しいということなのです。
また空気清浄機を置く場所としては、顔の高さの位置に捨て置くと良いとされています。
花粉は床に落ちます。
花粉は空気中にあるほんのわずかな水分と合体して重くなって床に落ちます。
そうして部屋の中を歩いたり動いたりすることで、床に合った花粉が室内に舞い上がってしまうが、このとき顔の高さに空気清浄機があれば、舞い上がった花粉を吸い込めるというわけです。
室内はフローリングの床の方が空気清浄機の効果も高くなります。
カーペットなどがあると、カーペットの毛に花粉などが絡まることもありますしハウスダストと入り交じりがちです。
そうしてこの状態で室内をあるくことでカーペットとからまっていた花粉が舞いあがるのです。
空気清浄機は部屋の片隅に置いておけばよいのではなく、はきだされる空気が顔に触るくらいの距離に置き、顔の高さに捨て置くことが最も効果的のだそうです。
就寝時には、布団やベッドの近くに置き寝ているときでも顔の高さに設置するのがいいそうです。
スギ花粉の人は春にブタクサ花粉の人は秋に空気清浄機によって快適にすごして下さい。